タクシー話

24歳で脱サラしてタクシー運転手になった話① 会社をやめたい!の巻

どうも。
元タクシー運転手ブロガー、こぼりたつやです。

 

24歳の時にサラリーマン辞めてタクシー運転手になりました!

タイトル通りです!

元タクシー運転手です!

都内でやってました!

銀座で接待帰りの偉いさんを乗せたりしてました!

ホステスさんの愚痴聞いたりしてました!

24歳〜29歳まで!

 

 

私の人生において、本当に本当に重要な5年間だったんです。あの期間は私の宝です。

だからこそ。
どうやって書くかなぁと悩んでました。

でも決めました。
思ったように書きます。

何年か前に書いたものもあるんですけど、
それはそれ。
今の自分が書きたいと思うものを書きます。
資料は残してありますので。

やっぱり入社からかなー。
最初は順を追って話した方が分かりやすいでしょう。

では、スタート。

 

コネ入社のくせに、たった1年で逃げることにした

2002年。日韓ワールドカップに沸くこの年。
私は会社勤めの新卒サラリーマン。

仕事にもやりがいを感じ、先輩上司からも可愛がられ、まあそれなりに期待されていた自負もありました。

特に隣の席の”お局お姉さま”には、大変目をかけていただきまして。よく飲みに連れて行ってもらってました。エロいやつでは無いです。

おかげでフロア全体の女子社員さんたちとの関係も超良好で、本当に仕事のしやすい環境でした。

 

でもねえ。。。

 

嫌になっちゃったんでしょうね。
会社勤めというやつが。
入社1年で嫌になるも何も無いとは思うのですが。

 

「残業すげえ!」
「上司の給料知っちゃった!」
「このままではダメだ!」

 

 

「よし、やめよう!」

 

 

1年で辞めることにしました。

 

なんなんですか、こいつは。
ひどい話です。

 

 

人間関係というか、人と一緒にいることが疲れるからイヤだ

残業と給料に関しては、別にいいんです。
そういうもんだと思ってましたし。

 

人間関係。
これがダメでした。

 

てか上記の通り。
私は本当に良くしてもらってました。

もっと理不尽に怒られたり、イジメられたり、無理にしごかれたりしてたなら分かりますけど。

そんなことは、特にありません。
全然ないです。

むしろ超良好。

 

それなのに「人間関係疲れる」って、もう意味わからないじゃないですか。今考えてもよく分かりません。
実際に同期からは「俺から見たら羨ましいくらい可愛がられてるのに!?」と驚かれましたし。

なので「今の会社でダメなら、俺はどこに行ってもダメだろう」と、あっさり「自分にはサラリーマンは向いてない」と判断しまして。

 

すぐさま違う仕事を探し始めました。

 

「タクシー運転手募集!」の広告に目が止まる

こうなるともうダメなんですね。
辞めるって決めたら、すぐに辞めたい。

 

でも辞めるには次の仕事を見つけなきゃいけない。辞めてプラプラはしたくない。
でもその次の仕事が、また同じようなサラリーマンでは辞める意味がない。

今の人間関係よりも良好な会社なんて、そうそう無いと思うから(そんなとこ辞めんなよw)

 

でもこれといって資格もない。学歴もない。
出来ることも、誇れるものも何もない。

 

そんな私が、

「タクシー乗務員募集」

という文字に目が行くのは必然なわけですな。

 

私は昔から郵便配達とかピザ屋の配達とか電話帳の配達とか。いわゆる「一人になれるバイト」ばかり選ぶ傾向がありまして。

「タクシー運転手かぁ。一人で自由に出来て面白そうだなぁ」

と、すんなり思えたんです。

 

 

会社での昼休みは食事も取らず個室トイレに閉じこもってる毎日

とにかく一人になりたかった。

 

 

と言いますのも。

 

 

会社の昼休みは個室トイレに閉じこもって、60分間ただひたすら便座に座っているだけというね。

今の私からはとても想像つかないような事をしてました。

もちろんその頃はスマホも無いので、ただただ密室空間でジッとしてるだけ。足が痺れるんです。

 

しかもその時が、1日で最も幸せな時間。
なぜなら誰とも喋らずにいられたから。

 

「会社にいる時の一番の楽しみは、トイレに閉じこもる事です!」と、ハッキリ言えましたね。

 

我ながら狂ってます。

 

 

 

 

 

ちょーウケるwww
(笑えねーよ)

 

 

「未経験者募集」の文字を見て即決!自分勝手に会社を辞めて自由になる

そんな、”弱メンタル便器マン”こと私。

「タクシー乗務員募集」の文字に惹かれ、興味を持ってその広告を見てみると。
次に飛び込んで来た文字は、もちろんこれ。

 

 

「未経験者大歓迎」

 

 

はい。
これでもう心は決まりました。

「俺でも出来るじゃん。ここにしよう」

これといって条件も見ず、採用ページの応募フォームをポチポチしてました。

 

その2週間後には内定。

 

しかも内定をもらってから「じゃあ今から会社を辞めるので。入社は2ヶ月後にして下さい」と注文をつける始末。バカは強いです。
(1ヶ月は遊びたかった)

 

その翌日には先輩、上司に。

「タクシー運転手になるので来月いっぱいで辞めます」と。

「考え直せないか?」

「いえ、もう内定もらっちゃったので」

と、そんな感じで。
24歳の私は、晴れてタクシー運転手の道を歩み始めることになったのですな。

 

あ、そうそう。
プロフィールにもチラッと書きましたが。

私はザ・グレート・コネ入社でしたから。
最後の日は別ビルの広々とした副社長室に、部長と一緒に頭を下げに行きました。緊張したー。

 

 

って、部長!
本当ごめん!査定とか!

上司も先輩もごめん!
何か美味しいものでも贈りたい!

 

 

というわけで、次回からが本題です。
なぜ辞める経緯などを書いたかと言いますと。

もし今の私のことを「こいつは自由そうでいいなぁ」なんて思ってる人がいるとするならば。
(現に、かなりの人から言われてますけど)

 

誰でも自由になれるんだぜ!

 

ってことを分かって欲しかったので。
自由を求めればいいんです。
何とかなります。

 

 

 

 

母親は泣いてましたけどwww
(だから笑えねーって)

 

 

しかも私のコネ入社はかなり大変なもので。
3つの会社と複数人のお偉いさんを巻き込んだ、江川の巨人入団に引けを取らないくらいややこしいもの。

それを一年で辞めるんですからね。
狂気の沙汰にもほどがある。
迷惑もたくさんかけたでしょう。

 

 

 

でもねぇ、、、俺の人生だし。

 

 

まあ、しょうがないよね。
(鼻をほじりながら)

 

 

というわけで、たまホルブログタクシー編。

 

次回→24歳で脱サラしてタクシー運転手になった話② 採用試験に挑む!の巻

こちらでお会いしましょう!

 

それではでは、こぼりたつやでした。