【稲荷町 定食 田中食堂】こんなにも暴力的な生姜焼き定食があっていいのか?

どうも。
いい感じのお店大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

「今日は暖かいから。瓶ビール1本グイッと飲んで、サラッと定食を食べられるような”いい感じのお店”なんてないかなぁ?」

 

なんて思って、すぐにピコピコ検索開始。

 

「ここ、超いいじゃん。てか見たことある!」

 

というわけで、すぐさま移動開始。

 

目指すは、、、稲荷町!!

 

稲荷町の”いいお店” 田中食堂さんにおじゃまするぞー!

元タクシー運転手的に言うならば、清洲橋通りと浅草通りの交差点。

 

上野駅から都営銀座線に乗り換えて1駅。

到着しました!稲荷町!

3番出口から出てしまった場合は、横断歩道を渡って1番出口の方へ(マックがある方)

 

この1番出口。

 

 

階段から上がったらそのまま真っ直ぐです。

 

すると吉野家さんがありますので、

 

 

 

この角をグイッと左折。
曲がるとこんな感じの景色。

 

 

 

しばらく真っ直ぐ歩いて路地を2本超えます。

 

するとこの、

 

 

クスリ屋さんが2本目の路地になりますので。

ここをもう少し真っ直ぐ行きますと、、、

 

 

 

どーん!

 

 

田中食堂さん!!

 

見事な外観。
3兆点の佇まいです。

 

入り口横のショーケース。

 

 

5兆点のショーケースです。

 

特にこの列ヤバくないですか?

 

ウインナー、ハムエッグ、目玉焼き、ポークライス。

まさに四天王。

チキンライスと思いきや、ポークライスね。

 

ポークライス、、、
なんという隠微な響き。

 

いざ突撃。

 

田中食堂の神メニュー

「1人なんですけどいいですか?」

「はい、どうぞー」

 

男性の店員さんに気持ちよく迎えてもらいます。

4人がけのテーブルが繋がったスタイル。
それが3つかな?

 

好きなところに腰掛けるシステム。

 

 

こんなテーブル。

 

着席と同時に瓶ビールを注文します。
アサヒとキリンがあるとのことなので。

 

 

アサヒをチョイス。

 

1杯目を音速で空けてから緊張のオーダー。
これだけの神メニューが見つめられれば緊張するに決まってます。

 

 

決して醜態を晒すわけにはいきません。

 

 

「すみません」

 

「はい」

 

「・・・ハムエッグと、ポテトサラダをお願いします」

 

「はい、ありがとうございます」

 

 

 

 

 

言ってやった!!

 

ハムエッグとポテトサラダ。

 

『定食屋おつまみダブルス選手権』が行われたとするなら、誰がどう見たって優勝候補。

 

安心して”アサヒ越しのショーケース”を見ながら世界一楽しい待ち時間を過ごすことに。

 

 

 

しかし、、、改めて見ると、、、

 

 

 

 

他も強い。

 

強豪揃いどころか、このお店自体が死のリーグ。

 

 

「ちょっと、、、弱かったかな?」

 

大いなる自信を持って注文したはずの「ハムエッグ&ポテトサラダ」に疑念の心。

 

 

「間違えた。ここはどう考えても赤ウインナーを起用すべきだった。あの不自然ながらも食欲と懐かしさを掻き立てられる彩色は、ハッキリ言って強敵過ぎる。今活躍中のインスタ女子にも届くかもしれなかったのに」

 

 

などと考えていた、その時。

 

奴らは来ました。

 

 

田中食堂のポテサラ&ハムエッグ!

 

「お待たせしましたー」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すまなかった!!!

 

どうして信じてやれなかったのか。

 

ハムエッグとポテトサラダの画力がこんなにも凄かったなんて!!!

赤ウインナーも悪くはないが、この2つには確実に劣る。あの赤をもってしても、それは例外では無いはず。

 

なぜなら、、、

 

 

この黄身トロ感!!!

 

これに対して、どこの誰が勝てるというのか。

 

では。この美麗グラフィックに水を差すようですが、ここでお醤油を。

 

 

素敵。

 

「かけすぎじゃね?」という意見は承知のうえ。

でも、これが好き。

 

 

では、、、いただきます。

 

 

パクり。

 

 

あ〜〜〜〜〜〜!!!

 

 

美味いっ!!美味いいいっ!!!

シンプルよ。
シンプルなのは知ってる!
でも死ぬほど美味いっ!!!

もっと表現豊かに??

目玉焼きにそんなもんあるか。
あの美味さだよ!あの美味さ!!
みんな知ってるあの美味さ!!

 

その超すげーやつ!!!

 

 

ハムもね、ハムもね。

昨今ご家庭で頻繁に使うようなスライスハムではなくて、ちょっと厚めなの。

昔はよく見かけた赤い耳のあのハム!

 

分からない人に言うと、ちょっとスパム感あるの。

でも、、、ハムなの!!!

 

美味えよぉ。
奥深えよぉ。

 

ハムエッグ界、広し!!!

 

 

では次。

 

ポテトサラダ。

 

 

このブログ、最多出場ともいえるキャラ。
数々のポテサラを食べ歩いている私ですから。

 

俺の目と舌は、そう甘くねえぞ??

 

では、いただきます。

 

 

パクり。

美味いーーー!(即白旗)

 

 

ごめん、ちょー美味い。
そしてシンプル。
私の大好きな「シンプル超美味い」

 

いいお店のポテトサラダって、やっぱりシンプルなんですよね。◯◯のポテトサラダとかじゃない。

 

無骨でありきたりで当たり前なポテトサラダ。

それでも美味しい!それが美味しい!

 

もうこの時点で、これから注文するメインディッシュも大当たりが確定したと言えるはず。

 

至極のハムエッグとポテトサラダを、もったいないというくらいの速度で一気にビールで流し込み。

 

 

いよいよ、主役を発注します。

 

 

田中食堂の生姜焼き!

 

「すみません」

 

「はい」

 

「生姜焼き定食を下さい」

 

「はい」

 

 

 

豚の生姜焼き。

 

私に言わせれば、これを発明した人はエジソンと肩を並べるくらいの偉人。

 

なぜこんなにも美味いものを。
なぜこんなにも暴力的に白米と合うものをこの世に生み出してしまったのか。

そんなことを考えておりましたら、

 

 

「お待たせしましたー。生姜焼き定食でーす」

 

 

 

早い!!!!!

 

提供スピードがボルトくらい早い!!

 

いくらピーク前でお客が私を含めて2人しかいないとはいえ、あまりにも早い。

 

 

4分台での生姜焼き提供は、記憶に無い。

 

 

 

見てください。
このバランス。
お新香まで輝いてます。

 

そしてこちらの生姜焼きは、、、

 

 

出たー!!

 

 

 

薄切り1枚肉スタイル!!!

 

私の感覚ですと、生姜焼きといえば豚こま肉を炒めるスタイルが7割くらいなのですが。

 

久しぶりに出会えました。
私はこのスタイルの生姜焼きに目が無い!

 

ロースか肩ロースだと思うのですが、程よい厚さと程よい脂。

そして見た目で分かります。

 

 

 

これは、、、白米が足りなくなるやつ。

 

香ばしい香りと身に纏った生姜ダレが早くもそれを物語っているのです。

 

では、、、

お味噌汁を一口いただき箸を湿らせ、

いただきます。

 

 

 

パクり。

 

 

 

むははははーーーーーーーー!!!!!
やばい!やばい!やばいー!!!
うま!これはめちゃくちゃ美味い!

 

あのね!パンチ力すげー!

 

これよこれ!
暴力的に白米と合うって表現!
お店にとって暴力的という言葉が良いのか悪いのかは知りませんけど、間違ってない!

 

 

この生姜焼きは、暴力だ!!!

 

 

その暴力に抵抗するために、白米をパクり。

 

 

幸福!僥倖!!

 

 

幸せってこういうことか!!!
美味い!うまい!ウマイ!

 

この時が延々と続けばいいと切に願うくらいの、生姜焼きと白米との無限ループ。

 

時折つまむ、お新香も最高!!

 

 

なんという至福のひと時。。。

 

 

しかし。

楽しい刻には、終わりがあるもの。

 

 

 

圧倒的完食っ!!!

 

食べ終わった食器までもが神々しい。

 

 

安倍さんもふらりと立ち寄る田中食堂さん。今度は夜に来たいです!

 

ありがとう。

 

 

このお店に出会わせてくれて、ありがとう。

 

この時、時刻は11:43。

計算通り。
これで間も無く訪れるであろう、ランチタイムのピーク前に退散出来る。

すぐさま「ごちそうさまでした」と席を立ち。
お会計は、

 

1800円。

 

安いっ!!!

 

瓶ビール飲んでるんですけどー?

 

・冷えた瓶ビール
・シンプル美味いポテサラ
・黄身トロハムエッグ
・暴力的な生姜焼き定食

 

これで1800円は安い。
てかポテトサラダ200円なの??

 

同じ飲食業としてやりづらいわ。

 

そして、このお店がなぜ有名なのか。

 

こちら。

 

 

 

安倍首相が”ふらりと立ち寄った”で一躍全国区となったんですねー。

確かに誰でもふらりと立ち寄りたくなるお店。

まあ、それが無くても名は轟いてたのでしょうけど。これだけ美味しければね。

 

そしてねー。

 

 

夜に来たい!!

 

 

ここで色んなおかずを摘みながら飲みたい!
あれもこれもそれもどれでも食べたい!!

 

というわけで、夜の部同行メンバー。
募集を開始したいと思います。

 

稲荷町駅から徒歩3分。
田中食堂さん。

 

ごちそうさまでした!!!!!
絶対にまた伺います!

 

 

サイコー!

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

近くの秋葉原にも、いいお店。

【秋葉原 ランチ キッチン竹乃子】路地裏で出会う絶品生姜焼き!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。