うどん そば

東京でも山形名物の『鳥中華』を気軽に食べられる!京王線高幡不動駅

どうも。
立ち食いそば屋さん大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

先日久しぶりに降車した京王線の高幡不動駅。

 

 

駅構内の立ち食いそば屋さんにて、とあるメニューを発見!

思わずふらりと立ち寄ってみましたよー。

 

京王線高幡不動駅 高幡そば

 

今回の舞台はこちら。

『高幡そば 高幡不動店』

これぞ駅そば!といった感じの素晴らしい佇まい。

もちろん食券制。

 

メニューも、

 

 

立ち食いそば屋さんらしいラインナップ。

 

もちろんラーメンもあれば、

 

 

 

こだわりの田舎そばもあります。

 

 

田舎そば美味そうだなー!!

 

しかし今回のお目当ては違います。
田舎そばではございません。

 

こちら!!

 

山形名物 鳥中華

 

鳥中華。

 

ご存知ですか??

なかなか馴染みが無いですよね。

簡単に説明すると、こんな感じ。

 

【鳥中華とは!?】
山形県天童市にのお蕎麦屋さんで誕生したメニュー。麺はラーメン。スープは蕎麦屋さんならではのカツオベースのもの。それらを組み合わせた『和風の中華そば』こそが、鳥中華。

 

どーうですか??

まあ、簡単に言うと

 

『お蕎麦のおつゆに、ラーメンを入れたもの』

 

以前セブンイレブンの商品でその存在を知りましたが、こうして実際の店舗でお目にかかるのは初めて。

色んな食べ物があるものですな。

 

そんなわけで、

 

 

購入。

550円という、他のそば・うどんより少しお高い価格設定。

全然いいですけどねー。

 

入店。

 

 

店内はシンプルな作り。
壁側のカウンターには椅子もありますよ。

 

食券を渡して待つこと2分ほど。

 

「鳥中華お待たせしました〜」

 

 

実食!鳥中華

 

いよいよ来ましたよー。

 

 

鳥中華、こちらです!!

 

 

 

おーーーー!素敵!

具材は揚げ玉、ナルト、水菜、鶏肉、刻み海苔。

 

そしておつゆが黒いのも分かりますね。
完全なる蕎麦つゆ。

 

 

鶏肉もしっかりとした大きさ。

 

そして注目の麺は、

 

 

完全なる中華麺!細麺!

 

なんなんでしょう、この違和感。

スープの色と揚げ玉が全く似合いませんね。

見慣れた食材が集まっているからこその、見慣れなさ。不思議です。

 

では、食べてみましょう。

いただきます。

 

 

ずるるるるー!!

 

 

 

うん!おいしーーーーい!!!

あっさりとした中に感じる、ほのかな甘み。
これはやっぱり、完全なる『蕎麦つゆ』。

そしてそんな『スープ』に細麺が合ってます。

さらには鶏肉や揚げ玉といった、ラーメンにはなかなか無い具材とも相性バッチリ。

でもやっぱり、細麺だからこそなのかなー。
中華麺以上の太さだと麺の味に負けちゃいそう。

 

あと食べてる途中で「俺は一体どっちを食べてるんだ?」という気になってきます。

食感はラーメンなんだけど、味はお蕎麦。

まあ、どっちを食べてるんだも何も。
それが鳥中華なんですけどね(笑)

 

高幡不動駅構内の高幡そば

ちなみにこのお店は、改札の中にありますので。

途中で降りて食べて、また乗る。

なんてことも可能です。

高幡不動駅周辺にお住まいの方だけは、一度中に入らないといけませんけどね。

 

そんな感じで、鳥中華。

都内ではなかなか目にすることのない逸品ですので。

 

興味のある方は是非!

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

同じ京王線、府中駅の立ち食いそば屋さん。

あわせて読みたい
【府中駅 立ち食い 元禄そば】圧倒的なスピードと抜群の安定感どうも。 立ち食いそば大好きブロガー、こぼりたつやです。 京王線府中駅のルシーニュ1F「元禄そば」は、安くて早くて美味かった!中でも...