接客業なのに笑顔が苦手?それなら超簡単な笑顔のコツを教えます!

どうも。
いつも笑顔で接客ブロガー、こぼりたつやです。

 

なんて、自分で勝手に思っているだけで。
お客さんからすると「いやいや、お前全然笑えてねーからww」と言われてしまうかもですが。

とりあえず笑ってるつもりです。

 

やっぱり接客業に笑顔は必要なの?

 

そもそも接客には笑顔は必要なのか??

 

 

「接客業に笑顔は付きものだと思われているが、実はそんなことない!!」

 

 

などとカッコよく逆説を繰り広げたいところですが。

 

これはもう、普通に必要です。

お客さんからすれば、笑ってない意味がわからない。

笑顔でマイナスになる事は少ないですし。その逆はマイナスしかない。

 

やっぱり接客中には笑顔を心掛けましょう。

 

とは言うものの、そう上手く出来るものでもなくて。

 

「笑顔が上手く作れない!」
「笑顔が苦手!」

 

こんな声もあるのです。

 

まあ最初のうちは緊張もありますしね。
簡単に「笑顔」と言っても、慣れるまではなかなか難しいものかもしれません。

 

笑顔のコツ、教えます!しかも今この瞬間から出来る簡単なやつ。

 

接客業初日から手っ取り早く出来るやつを置いときますね。

 

一言で笑顔とはいっても。

別にスマイルマークの如く、

 

 

 

こんな全開バリバリの笑顔をしていなくてもいいので。

 

普通の顔から、口角を少しだけ上げてみましょう。

 

こんな感じ。

 

ほら。
なんか笑顔っぽい。

 

じゃあ今やってみましょうか。

 

そのまま、スマホ見ながらでいいので口角を少しだけ上げてみましょう!

 

 

 

 

ほら完璧。

 

もう悩み解決。

本当にこれだけでいいのです。

鏡で確認なんかしなくていいですよ。

 

それでいい!!

喋る時もこのまま口を動かせば笑顔で喋っているように見えますから。
もう大丈夫。

 

あとは気持ち目を細めておけば完璧。

 

ほんとにねー。

「笑顔を作れ」とか「笑顔が大切」とか言われても、そんないきなり上手く出来るわけないじゃないですか。女優さんじゃあるまいし。

なのでね、せめて口角だけでもあげておきましょ。それで十分です。

 

もし笑顔の事をうるさく言う店長や社員がいたとしても大丈夫です。

その人も最初の頃なんて、どうせ大した笑顔ではなかったはず。

 

みんな最初は苦労する。

 

なのでとりあえず口角を上げながら徐々に慣れていきましょ。

 

笑顔も大切ですけどね、本当に大切なのは気持ちなのよ

「笑顔が大切」とは言いますけど。

終始飛びっきりの笑顔を見せておきながら、肝心の接客が今ひとつだったらどう思います??

 

なんかもう、ガッカリですよね。
色々な意味でガッカリ。
見掛け倒し感が凄い。

 

このタイプの店員さんはわりと多いです。
私は大嫌い。

「出来る風で出来ない」タイプ。

 

一方その逆。
ぎこちない笑顔だけどしっかりとした接客をしてくれる店員さんには、どんな印象を持ちますか?

なんか、好感持てません??

見た目の笑顔はぎこちなくても、気持ちが伝わるというか。一生懸命やってくれてるなぁって。

 

結局は気持ちです。

笑顔だけで気持ちを上回る事は出来ませんが、気持ちで笑顔をカバーする事は十分に可能なのです。

なので鏡を見ながら「上手く笑えないな」などと悩んでいる暇があるのなら。

口角を上げた顔を見て「これでいいのだ」と納得してしまいましょう。

 

接客において笑顔は大事な要素の一つではありますけれど、決してそれが全てではありません。

 

10人いれば10通りのやり方があるのが接客業。

まさに十人十色。

笑顔が苦手なら「他でカバーしてやる!」くらいの気持ちで、自分なりの接客を極めてしまいましょう。

 

 

ここからはボーナスステージ!笑顔になれる裏ワザをご紹介!

もうここまでで綺麗に締めてもいいのですが。

せっかく私のブログに笑顔を求めて来てくれてるわけですから。

清廉潔白なお仕事ブログには書かれていないであろう、最大のコツをお教えします。

 

あのね。

 

お客さんを”お金”と思いましょう。

 

笑顔を作る→お金のため

 

ここを直結させてしまうのです。
よくある清廉潔白なお仕事ブログで、

「接客を楽しめば自然と笑顔がこぼれるようになりますよ!」

なんて書かれてますが。

そんなもんは綺麗事です。

それが出来れば苦労しないって。ねえ。

 

仕事をする理由は何なのか。
100%お金です。

 

 

なので発想を逆転させましょ。

「仕事だから笑顔にならないと!!」

なんて考えるとプレッシャーになってしまいますから。

「笑っていれば、褒められる!そしてお金がもらえる!」

こう思ってしまえばいいのです。

 

笑ってたらお金あげるって言われたら、さすがに笑うでしょ?

 

例え先輩やら上司から「笑顔が下手」とか言われても、そんなもん気にせず自分なりの笑顔をしとけばいいのです。

 

 

そもそも私からすれば。

店長なり社員なり。バイトさんを指導する立場の人。

 

「バイトさんの笑顔を引き出せてないあんたらにも責任があるからな!むしろそっちの方が大きい!」

 

という気持ちの方が大きいです。

 

なのでまあ、、、

考え過ぎると余計表情も固くなりますし。

気楽にいきましょ。

 

 

さらに「自分が接客業に向いてるのか向いてないのかが分からない」という人は、

関連記事>>>最初は上手くできなくて当たり前!悩んでる暇があるなら接客業を楽しもう!

こちらも読んでみて下さい。多分スッキリ出来ます。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

笑顔の次は話術のコツ。

接客力の向上は話術が大事!質問には即答で相手にストレスを与えるな