うどん そば

【西荻窪 カツ丼 坂本屋】都内最強との呼び声高きシンプルカツ丼!

どうも。
食べ歩き大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

カツ丼の有名店

私、カツ丼が大好きなのですが。
よくよく考えてみると。

 

「カツ丼の有名店って行ったことないな」

 

親子丼や天丼ならあるんです。
でもカツ丼はない。。。

というのもカツ丼って、どこで食べても満足感が大きいからなんですな。
あと、そもそもの料理としての手間がかけられている分、誰が作っても美味しくなる。
料理平均点そのものが絶対的に高いのです。

 

そんな中。

 

独自の調査を進めていきますと。
とある一軒のお店に辿り着いたのですな。

 

西荻窪「御食事 坂本屋」

 

数あるグルメサイトがこぞって、
「都内でカツ丼と言えばココ!」
と紹介している坂本屋さん。

 

調べてみると。。。

本来は中華屋さん(いわゆる街中華)。
しかし、どういうわけかカツ丼がバカ売れ。

「うち本当は中華屋なんだけどねぇ」

と困惑する店主さんを尻目に、毎日カツ丼目当てのお客さんが押し寄せる。。。と。

 

ほら!
これぞ1000点満点の経緯。

まさに前述の「カツ丼を売りにしている店、ほとんど無い説」と一致する理由。

しかも街中華ってのがいいよね。
(街中華については今度熱弁します)

 

街中華名物、魅惑のショーケース

11:30開店の坂本屋さん。
これだけグルメサイトに取り上げられているのだからと、10:55に早めの到着。

さすがに一番乗り。
めちゃくちゃ寒かったですしね。

 

というわけで、思う存分外観を撮影します。

 

いいですねー。
店の佇まいから昔ながらのショーケースまで。
完璧です。

 

それではショーケース。
詳しく解説して参りましょう。

 

フォーメーションは2-3-2。
欲張って3-3-3にせず、スペースを上手く使った非常にバランスの取れた形と言えますね。

 

てかやべえ。。。

 

 

 

オムライス食いてえ。

 

 

今でこそ「デミグラスソースのふわとろオムライス」のような、小洒落たプレイスタイルとなってしまっているオムライスですが。

街中華所属のオムライスとなれば話は別。
いわゆる”俺たちのオムライス”なわけで。

それは是非とも食べてみたい。

 

 

・・・いかん。

 

 

並ぼう。

 

こう書いてあるからね。

まだ誰もいないけど「オレが先頭でやんす」みたいな顔してお店の横に立っていよう。

 

で、ピコピコとスマホでブログを書いていると。
後ろから話し声が。

 

「おお、ようやく後ろが来てくれた」

 

と思って軽く後ろを振り返ってみると。

 

 

「すげえいる!!!!!」

 

 

開店20分前にも関わらず10人超えてました。

 

それからはチラチラと後ろを気にしていましたが、伸びる伸びる。グングン伸びる。

「ブログ面白いね!」と褒められた時の私の鼻くらい伸びています。

 

坂本屋さんのカツ丼!

11:25。
開店5分前。

お店の大将、直々に。
「お待たせしました、どうぞ」
と促していただき、誇らしげに先頭で入店。

 

ありふれた表現を使うのならば。
こじんまりとした店内(13席)

 

私の後ろに並んでいた人たちも続々と入店し。
あっさり満席。

 

また並んでいたにも関わらず、このターンで入店出来なかった人もいらっしゃいました。

 

“魅惑の街中華オムライス”の誘惑を振り払い、カツ丼と餃子とビールを注文。昼ビール。

そして私に続き、周りのお客さんも注文。
やっぱりカツ丼。
実に13人中、12人。

常連さん以外の方が多い土曜日ということもあるのでしょうけど。
それにしてもすごいカツ丼率。

そしたらやっぱり、厨房には卵とじ用の小鍋が大量に用意されてましたね。
出汁と玉ねぎが入れられてて。

それを見た瞬間に「ここでオムライス頼んだら驚かれるかな?」と思ったんですけどね。

先頭なのにオムライスかーーーい!!!

みたいな。

 

 

ビールが来ました。

 

俗に言う「起きてまだ歯磨きの水しか口にして無いんですよね状態」の私。

 

ナイスコップに注いでグビリます。

 

グビリ、グビリ。

 

ムファー!!!

 

ここで飲みてえ!
腰据えて飲みてえ!!
街中華ファン揃えてグビリてえ!
「とりあえずビール。それと、ショーケースの中ぜんぶ」とか言いてえ!

 

土曜日以外、夜は営業してないけどね。

そんなこんなで、待つこと10分弱。

 

 

キターーーー!!!!!

 

というわけで、ここから黙ります。

たまホルブログのグルメ記事名物。

「黙って写真中心のお届け」

お楽しみ下さい。

 

 

もう一度これ。

 

 

 

 

次はアップで。

 

使用卵は1個かなー。
卵とじに頼ってないのが分かりますね。
これはカツに自信を持っているからこその事。

グリンピース、いいなー。
インスタ映えするわー。

ばえるわー。

 

今度は少し角度をつけてみて。

 

うわー、、最高。
このカツからちょっと外れたところ。
ここいいっすよね。

卵の端っこと玉ねぎのとこ。
「世界一美味しい海岸線」と呼んでます。

 

では、一通り撮影を終えたところで。

 

 

 

いただきます。

 

 

 

 

まずはカツをぱくり。

 

 

 

 

うわっ!!!!!

 

 

サクった!!!!!

 

 

よし。

このまま海岸線と一緒にごはんを、、、

 

 

 

ぱくり。

 

 

 

どわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

 

 

うんめへへええええええええええー!!!

 

 

これはすげえかも。

 

うん。

すげえわ。

 

 

今まで食べたカツ丼で一番うまい。

 

 

さらっと断言出来るくらい、本当に美味い。

うん、美味い。

 

 

 

うまいぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

 

 

 

餃子が来ました。

 

 

圧倒的ヴィジュアル!!!

 

ナイス焼き目。
街中華にして高級中華クオリティ。

 

 

そしてご開帳。

 

ナイス具沢山!!!

 

 

 

では、いただきます。

 

 

 

ぱくり。

 

 

 

ムホッ!!

 

 

 

うめええええええええ!!!!!!!

 

 

 

カツ丼も餃子もサイコー!!!!!

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

美味いもんを食った。

そんな時は、言葉なんていらないのです。
(食う前に喋り過ぎだ)

 

 

美味かったー!!!

 

マジで美味かった。
なるほど。
これはすげえわ。

 

言ってもね、シンプルなんですよ。
シンプルなカツ丼。
そして街中華でしょ?

それでいて評判になるって、、、
やっぱり凄いですよ。

 

ただ、一つだけ。

 

行列の先頭に並んで、11:30の開店と同時に入店。
私が食べ終わって店を一番に出たのが11:55。
その時まだ提供されてないお客さんもいました。
もちろん動かない列で並び続けている人も大勢います。

 

でもこれは決して、お店のオペレーションがどうとかではないのです。

 

カツ丼ってそういうもの。

どうしたって提供までは時間のかかる料理ですから。
仕方ないというか、当然。

しかもカツ丼って決して原価は安くないだろうし、それにしては800円って販売価格は安いです。

このクオリティなら950円にしても誰も文句を言わないでしょうし、変わらない行列が出来るはず。

 

それでも、800円でカツ丼を提供し続ける。
効率よりもお客さんの声。
この姿勢は本当に素晴らしいと思います。

 

 

そして、カツ丼があれだけ美味しいのだから。

オムライスもソース焼きそばも、酢豚も五目そばも。
どのメニューも絶対に美味しいんだろうなぁ。
などと思って「また行こう」と、心に誓うのであります。

 

 

坂本屋さん。
ごちそうさまでした!

 

それではでは、こぼりたつやでした。