ファミコンカセットが読み取らないからハサミで端子部分を削ってみた

どうも。
ファミコン大好きブロガー、こぼりたつやです。

レトロフリークに読み込ませたいけど読み込んでくれないソフトをハサミで端子ガリガリやってみたよ

掃除してもダメなら武力行使

まず最初に言っておきます。
これから書くやり方は、

誰も推奨していないやり方です。

100人いたら99人は「やめとけ」と言うはず(1人は私)

もしマネして何かあっても自己責任ね。

 

レトロフリークを購入して以来、楽しく色々とインストールしまくってます。

 

関連記事>>レトロフリークって知ってます?ファミコン世代感涙間違いなしの夢の機械

 

そんな中、どうしても読み込んでくれないのが

 

いっき。

 

いくら無水エタノールで掃除しても、接点復活剤を塗布しても。

全く起動しません。

 

 

いっきのくせに。

 

 

さて、どうしたものか。

 

ハッキリ言って、いっきは400円で買えるんですが。

持ってる物をわざわざまた買いたくない。

これが「オバケのQ太郎ワンワンパニック」なら、もう一回買いますよ。好きなので。

 

 

でも、いっき。

 

 

そうだ。
どうせ400円なら。

 

端子をガリガリやってみよう。

 

それで壊れても別にいいや。
400円だし。

 

端子をハサミでガリガリする

以前、ゲームセンターCXという番組で。
途中で全く読み込まなくなったスーパーマリオワールド。

その端子部分を、金属の棒でガリガリやって復活させた音声・須田さんの勇姿を思い出しまして。

そうだ、あれをやってみよう。

というわけで、金属の棒っぽい何か。
ハサミだな。

 

ハサミの先を、

 

カセットの端子部分に押し付けまして。
それを左右にガリガリ、ガリガリ。

汚れなのか、触れてはいけないものなのかは知りませんが。
続々と削り落ちてきます。

で、ある程度やったら入念にフーフーして。
レトロフリーク本体に削り節が入らないように。

 

これでダメなら諦めよう。

 

 

かちょオーン。

 

ついた!!!

そしてめでたくインストール出来まして。

 

プレイも楽しめたというわけですな。

 

3分くらい遊んでやめたけど。
(掃除時間は通算60分以上)

 

まとめ
・まずは無水エタノール&接点復活剤
・それでダメなら知りません
・私はハサミで端子をガリガリしてみた
・私が勝手にやっただけ
・そしたらたまたま読み込んだ
・マネして何かあっても自己責任
・とにかくとにかく自己責任

 

というわけで、是非とも参考にしないで下さいね。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

懐かしのファミコンソフトは、わりと身近です。

近所のハードオフやブックオフでもファミコンソフトは買えますよー!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。