ファミコンソフト

ファミコン『オバケのQ太郎 ワンワンパニック』懐かしゲームコレクション その1

どうも。
ファミコン大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

ちまちまとファミコンソフトを集めていますが。

ただ集めてるだけでも仕方ないので、紹介も兼ねてプレイすることにしました。

買っただけで満足してる自分に喝!です。

 

オバケのQ太郎 ワンワンパニック

みんなの人気者Qちゃんが、苦手な犬を避けながら大活躍する明るく楽しいポップなゲーム。

 

なのですが。。。

 

当時のファミっ子共通の認識としては、

 

オバQ、鬼ゲー過ぎ。
クリアなんか絶対不可能。

 

これは私も同意見。
なので、、、

 

やってやろう!!!

 

レトロフリークに搭載されている最新テクノロジーを駆使しまくっての挑戦です。

 

関連記事「レトロフリークって知ってます!?ファミコン世代感涙間違いなしの夢の機械!」

 

 

Qちゃん基本性能

Qちゃんは飛びます。

 

でもあまり飛んでると疲れちゃうので、途中にあるお菓子を食べて体力回復してあげましょう。

体力が少なくなると飛べなくなってしまいますからね。

 

Qちゃんは犬が苦手。

こんな可愛い犬にすら触れてはいけません。

 

そして、

吠えられてもいけません。

 

ダメですよ。
「これだけで死ぬの!?」とか言っては。
Qちゃんは犬が大の苦手なのですから。

 

と、そんな感じで。
犬に触れる、吠えられるを残機分味わってしまうと

 

ゲームオーバー。

残念。

 

そんなQちゃんですが。
やられっぱなしでは終わりません。

 

たまにはこうして、

「ガウ」と、怒ります。

 

Qちゃんが犬に勝った歴史的瞬間です。
やれば出来る。

そして、途中に現れる

「Q」の文字。
こいつを取ると、、、

 

消えます。

Qちゃん最大の売りと言える透化。
この数秒だけは犬に触れようが吠えられようが無敵です。

 

 

イッツ Qタイム!!

 

 

数秒ですけど。
Qタイム、堪能して下さい。

以上がQちゃんゲームの基本。
あとは追って説明しますね。

 

1日目 ハカセの巻

1面=1日目という設定で、全12ステージ。
なのでゲーム内容的には「Qちゃんの12日間に密着!」ということになりますね。

待ち受けるのは、どんな日々なのでしょう。

1日目 ハカセの巻。
1ステージ目としては絶妙な人選です。

「服の袖が長い」でお馴染みですね。

 

ここからスタート。

このスタート地点は見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

 

ふわふわと飛ぶQちゃん。

オープニング曲を彷彿とさせるBGMと明るい雰囲気が楽しい気持ちにさせてくれます。

「鬼ゲー?1面はわりと簡単じゃん」

なんて感じで思いのほかサクサク進む。

 

で、各ステージの中盤。

こんな感じで行き止まりになりますので。
画面に出ている果物とお菓子を全部食べます。

そうすると、、、

何か出てきましたね。
これはパソコンでしょうか。

この「パソコンのような物をハカセに届ける」というのが、当ステージでのQちゃんの使命なのです。

 

落としものかな?

 

Qちゃん、大奮闘!

行く手を阻む戦闘力高めの大型犬。
こいつは強そうです。

しかしQちゃんの快進撃は止まらない。

イケイケQちゃん。

 

すると再び行き止まり。

そう!
ここがまさに、ゴール地点!

このマンションの1室にハカセはいるのです。
しかしQちゃんは部屋番号を知りませんので、片っ端から開けていくしかありません。

窓の下の食べ物を食べると窓が開く仕組み。

オーライ!
食べることなら任せとけ!

 

Qちゃんが勢いよく食べまくります。

 

おい!!

食べた瞬間に上から犬が降ってきました。
完全なる不可避。

即死です。

 

恐るべしクイックセーブ&ロード

 

しかーし。

 

それでも大丈夫。
なぜならそう!

 

やられたら、、、、

 

 

その場でロード、、、

はい、またここからスタート。

 

クイックセーブ&ロード!!

これぞ21世紀のゲーム機が誇るテクノロジー。

こんな事もあろうかと、あらかじめセーブしておいたのです。

 

フフフ。
オバケのQ太郎 ワンワンパニックよ。

俺様はもう32年前とは違うのだ!
この最新技術を手に、貴様を攻略してやるぜ!

 

というわけで、

見事ハカセの部屋を発見。
パソコンをお届け出来たQちゃんも嬉しそうです。

 

こうしてQちゃんの1日目は終わりました。

「ハカセにパソコンを届ける」という日常ですら、Qちゃんにかかれば刺激的。

さてさて、明日はどんな日になるのでしょうか。

 

 

はい。

「オバケのQ太郎 ワンワンパニック」の紹介は以上となりまーす。

もちろん2日目以降の挑戦も記事にしますので、そちらは気になる方だけ読んで下さいね。

関連記事>>オバケのQ太郎 ワンワンパニックをクリアしてみた!

 

次は何のゲームを紹介しようかなぁ。

 

これにしたっちゃ!

関連記事>>>ファミコン『うる星やつら ラムのウェディングベル』懐かしゲームコレクション その2

 

もし良かったら覗いて下さい。

それではでは、こぼりたつやでした。