プロフィール

どうも。

コミュニケーションアドバイザー、こぼりたつやです。

 

てか、、、

コミュニケーションアドバイザーってなんだ??

自分で言ってて「なんだそれ?」って気になってますが。とりあえず『コミュニケーションと接客業』についてを幅広く取り扱うブログですので名乗ってみました。

そのうち上に『ハイパー』とか『ウルトラ』とか『サンダーファイヤー』とかが付くかもしれません。

でも肩書きって多い方がイイんでしょ?
なので私は、元タクシー運転手の飲食店経営ブロガーコミュニケーションアドバイザーです。

なんか幅が広がった感じ。

 

 

 

うさんくさいけど。

 

 

当サイトについて

私が運営している『たまホルブログ』というサイトで、接客・コミュニケーション関連の記事をいくつか書いてみたところ。

これが思いのほか、需要がありまくりでして。

「この分野を掘り下げていったら、悩んでいる人たちにもっともっと良い価値を提供できる自信がある!」と、それ専門のサイトを旗揚げすることに決めたのです。

 

 

要は、金目当てです(言わなくていい)

 

私は今年で40歳になるのですが、人生の半分以上接客業やってるんですよ。

しかも仕事柄、スーパーハードな修羅場も経験しまくりですので。
経験値の高さなら国内トップクラスだと自負してます。根拠は無いです。

 

そんな私ですので、まあ普通の人が抱える問題は一通り経験したはずですから。

接客やコミュニケーションに関しての本当にちょっとした悩みでも、気軽にアクセスしてもらえるような「かゆいところにも手が届くサイト」にすることが目標。

 

運営者はこんなやつ

まずは簡単に。名前だけでも覚えてもらえれば。

名前:こぼりたつや
年齢:1978年10月生まれの39歳
出身地:生まれも育ちも東京都府中市
職歴:23歳サラリーマン→24歳タクシー運転手→29歳飲食店店員→34歳ホルモン屋開業→39歳ブログ運営開始

家族構成:妻

出没地:東京競馬場、後楽園ホール、秋葉原
長所:無駄な事を覚えてる
短所:大事な事は忘れる

趣味:喋ること、ブログ、プロレス、ゲーム、マンガ、プロ野球、読書、お笑い、大喜利、食べ歩き、古本屋巡り、テレビ、競馬、ゴルフ、麻雀、ファミコンソフト収集などなど超多数。

 

ここからは生い立ちです。

興味のある方だけどうぞ。

 

好きなことだけをやっていたい

子どもの頃からとにかく面倒くさがりで。何をするにも「面倒くさい」が口癖。

嫌なことから逃げてファミコンばっかやってましたね。

好きなことだけをやっていたい精神は、この時からもうすでに全開でした。

でもサボったりグレたりするほどの気力も無く、とりあえずくらいは勉強して平均点付近をキープする学生時代。

やりたい事も特にないので進学した無名大学では遊び過ぎと麻雀のし過ぎで留年。

5年かかって卒業しました。

就職はコネです。母親が勤める会社の超偉い人に口利いてもらいました。

 

超ひいき目に見ても、ダメなやつです。

 

タクシー運転手への転身

そして、そのコネ入社の会社を1年で辞めます。

これは今、改めて考えると身震いする。

なんて野郎だ。

 

でもこれがターニングポイント。

 

逃げるようにタクシー業界へ。

コネ入社の企業を辞めた挙句に無職でいるというのは、さすがの私もどうかと思いましたので。『とりあえず』という気持ちでタクシー運転手になったのです。

この時、24歳。

探せば他にも仕事なんかいくらでもあったのでしょうが、

 

「一人で仕事ができる」

 

というのが何よりの魅力。
接客も好きでしたしね。
なので1ミリも迷うことなく、タクシー運転手を始めていました。

もちろん道なんか1つも知りません。道どころか主要な地名も知らない。六本木や麻布なんか行ったこともない。

おかげでお客さんに毎日怒られてました。

 

でも、めちゃくちゃ楽しかったのです。

 

煩わしい人間関係も無い。会社にうるさく言われる事も無い。ストレスも無い。自由に動いて自由に稼ぐ。やったらやった分だけ歩合で収入に繋がる。別にやらなくても基本給という名の収入はある。

酔ったお客さんに怒鳴られたり、チンピラに座席を蹴り飛ばされたり、高飛車な女性に汚いものを見るような目で見られたり、車内で豪快に吐かれて悪臭の中掃除をしたりもしましたけど、

 

そんなもんすぐ慣れます。

 

なんてことないです。

 

タクシーから飲食へ

20代前半のタクシー運転手って、なかなかいませんからね。そこで私は物凄い経験値を得る事が出来ました。毎日はぐれメタルと戦ってたようなもんです。

毎晩のように銀座のホステスさんの愚痴聞いたりしてましたからね。

よくやってたなーと、我ながら思います。
私の強メンタルと独自の接客スタイルは、この時に構築されました。

 

あと最も大きな戦利品は、

「何かに失敗したら、またタクシー運転手に戻ろう」

という最強の後ろ盾。これが出来たから新しいことに挑戦できる。

就職難とか言ってる中で常に募集してますので。私は今でもやりたいですよ。みんなもやればいいのに。素敵な仕事よ。

 

 

というわけで「いつでも戻れる」ってことだし。

 

29歳で飲食業に転職してみます。

 

個人経営の良い感じの居酒屋です。

もちろん料理なんか1ミリも出来ません。冗談抜きで毎日包丁で指を切ってました。

 

これも面白かったですよ。最初に従事した板前がですね、とにかく酒を飲む。

 

 

アル中の元プロボクサーでした。

 

 

朝7時に出勤させられて(会社的に本来は10時)、朝の仕込みをしながら缶ビール2本とワイン1本を空ける。

 

そこから開店準備をやって、ランチタイム。

昼休憩も返上して、板前と酒を飲みながら夜の仕込み。夕方17時から居酒屋営業で全部終わって帰宅するのが1時頃。

なんだかんだやって3時前に布団に入って、4時間後には、もうワイン。

 

これを毎日。

 

 

 

死ぬわ。

 

 

 

でも料理の腕は本当に素晴らしかったんです。とにかく美味いもん作ってたし、食わせてもらった。

そして色々教わった。
今の私があるのも、実はあの板前のおかげだと思ってます。

他は1ミリも尊敬出来ないけど。

 

そんな板前が辞めた時の”喜び”。
今でも覚えてます。

「勝ったー!」って思いましたからね。

なんだかんだ仕事は楽しかったので。

 

『板前の身体が壊れるのが先か、私が倒れるのが先か』で勝負してました。

 

おかげでその後の仕事は楽でした。拘束時間は長いですけど、それでも酒浸りにさせられていた頃よりは全然マシ。

特に最近は「飲食=ブラック」なんて風潮ですが、私にとっては「ホワイト」でしかありません。

というわけで、さらなるメンタル強化と新たな耐性を身に付ける事が出来た私。

 

これでまた一歩、最強に近づきました。

 

独立から最強へ

居酒屋勤め6年目のある日。

私は突然、焼肉屋を開業しました。

 

もちろん私は居酒屋勤めだったので、焼肉屋なんか1秒たりともやった事がありません。

 

ですが、降って湧いたような独立チャンスだったのでやってみました。

「この機会を逃せば、一生今のままだ!!」と。

だから迷ってる暇なんてなかったのです。

 

修行期間ゼロ。
退社翌日、即 焼肉屋。

でもそんな店も2018年8月で7年目突入。

なんとかなってます。

 

 

私の考える「最強

私は最強を目指してます。

私の考える最強って、こういうこと!

・やりたい事だけをやってる人
・やりたくない事をやってない人
・ストレスがまるで無い人
・時間に余裕のある人
・めちゃくちゃお金がある人
・何があっても生きていける人

 

こんな人が最強です。

これに私はなりたいのです。
最強になりたい。

 

ようやくそれを目指せるところまでは来れてる気がするんですよね。

 

でも、まだまだ。

最強になるにはまだ何かが必要。なんだろうなぁ(お金)

 

コミュニケーション&接客業ドットコム

最初は個人経営の飲食店さん向けのブログを作ろうと思ったのです。
でもそれなら、なおさら「コミュニケーションの部分に特化させた方がいい」と。

これから飲食店はどんどん潰れていきます。
悲しい話なのですが、こればかりは仕方ない。
『お酒を飲まない時代』に突入して、今後ますますその傾向は強くなります。

そんな時代を生き残るカギとなるのが、コミュニケーション力であり、接客力。
それも既存のマニュアル通りのものではなく、その人の個性を十分に活かしたものでなければいけません。

そしてこれは飲食業に限ったことではありません。

技術の進歩やAIの発達により、どんどんと失われていくであろう人間の仕事。
そんな時に役に立つのが、コミュ力なのであります。

ロボットにはない『人と人との繋がり』という部分を活かした仕事が大切となる時代。

そんな時代の助け舟、、、まではいかずとも救命胴衣くらいの存在にはなれるかなぁと考えております。

あとは、縁があって接客業に携わっている若い人たち。
ハッキリ言って金の卵ですからね。

少しでも、そんな人たちのお役に立てれば嬉しいなと思ってます。

というわけで、よろしくお願い致します。

 

 

twitterやってます→https://twitter.com/tatsuya_kobori