料理

誰でも簡単!家の火力でもチャーハンをパラパラに作れる3つのポイント

どうも。
飲食業ブロガー、こぼりたつやです。

 

裏メニューのチャーハン

私は焼肉ホルモン屋なのですが、どういうわけかチャーハンも人気です。

完全非公開裏メニューなので、知ってる人だけ注文してもらえるシステム。

厨房は1人なので、とても普通のメニューには出来ないのです。
混雑してる時は普通に断ります(笑)

 

そんな私のチャーハンは、パラパラ。

私としてはベタベタもしっとりも好きなのですが、一般的にはパラパラが好まれると思いまして。

パラパラチャーハンを提供する事にしたのです(裏メニューのみ)

 

家庭用の火力で出来るの?

よく聞かれる火力問題。
これは即答です。

 

ご家庭の火力でも余裕でいけます。

 

あまりに大量とか、めちゃくちゃ火力が弱いとかで無い限り普通に作れるはずです。

特に今のコンロは立派ですからね。

 

ただ、それには3つのポイントが必要です。

これさえ実践してもらえれば必ずパラパラのチャーハンが出来るはずです。

それでは順番に説明していきましょう。
(大盛り茶碗〜小さな丼1杯くらいの量)

 

1.油は多めに!!

これ大事です。

油は多めにしましょう。

 

よくヘルシーとか油の摂りすぎはよくないとかで、少量にする方がいますけど。

そのような方はそもそもチャーハンは作らない方がいいです。

もっとヘルシーな料理は山ほどありますので。

どうせ作るなら美味しいもの。
それなら油を使いましょう。

 

量の説明は難しいのですが、私は

 

このくらい。

フライパンに全て染み込むことなく、常に薄い水たまりになっている状態。

これで焦げ付きません。

焦げ付かないことがパラパラへの第一歩。

てか、焦げた瞬間パラパラもしっとりも関係なくマズくなりますからね。

 

2.フライパンを熱する!!

油を入れたら、最大火力でフライパンを熱します。

少しだけ火にかけて調理を始める人がいますが、それは熱したうちに入りません。

煙が薄っすらと上がるくらいが目安。

火にかけながら、フライパンを回して油を馴染ませていますと白い煙が上がって来ますので。

それがGOサイン。

ここから一気に調理をしていきます。

なので火にかけている時は、絶対に目を離さないで下さいね。火が出て火事になります。

 

3.卵とご飯を同時に入れる!!

フライパンから煙が上がったのを確認したら、すぐさま卵とご飯を入れます。

お肉を入れる場合は、あらかじめ炒めておいたものも一緒に。

卵は2個。

これをといておいて、お米と一緒に置いておきます。

チャーハンはスピード勝負ですから。

調理を始めてからあちこち移動することのないよう、必要な調味料や具材はまとめておきましょう。

 

というわけで、

 

同時に投入。

投入したら一気に混ぜます。

 

パラパラの秘訣
【卵でお米1粒1粒をコーティングする】

 

同時に入れてかき混ぜることにより、お米に卵が絡むんですよね。

絡んだところに火が入りますので、お米が卵でコーティングされます。

そうするとお米の1粒1粒が独立して、周りとくっつかない。というイメージ。

 

よく「フライパンを火から離してはいけない」と聞きますが、私は離します。

その方が混ぜやすいので。
でも、それに自信がない方は木ベラなりオタマなりでかき混ぜましょう。

 

まとめ

はい、そんな感じですねー。

1.油は多めに!!
2.フライパンを熱する!!
3.卵とご飯を同時に入れる!!

この3つのポイントをキッチリすれば、必ずパラパラのチャーハンになるはずです。

 

勝負はとにかく序盤。
卵が生のうちにお米と混ぜること。

そのあとはバタバタしても変わりませんから。
ゆっくり味付けして下さい。

 

え?

 

味付けは教えてくれないのかって?

 

それはまた気が向いたら。

とりあえず今回は『チャーハンをパラパラにするポイント』ということで。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

これ、超簡単な生姜焼きです。美味しいよ!

あわせて読みたい
日本一簡単な生姜焼き!面倒な調味料は不要!醤油と水と、生姜のみ!どうも。 焼肉屋やってるブロガー、こぼりたつやです。 さっそく参りましょう! 日本一簡単な生姜焼き レシピ 【用意するも...