「globeカラオケのマーク・パンサー不足問題」ついに解決か!?

どうも。
カラオケ下手のカラオケ好きブロガー、こぼりたつやです。

 

マーク問題でglobeが歌えない

学生時代、なんかやたらとカラオケに行ってました。

歌なんか全然上手ではないのですけど。
下手の横好きとでも言いますか。

ご飯食べたらカラオケ。
お酒飲めばカラオケ。
暇ならカラオケ。

男同士なら問答無用で何かしらの博打に興じるところですが。
女の友達・先輩・後輩が多かった事もあり、とにかくよく行ってましたね。

 

その際、私はglobeが好きだったので一緒にいる女の子に「globe歌ってよ」なんてリクエストすることが多かったのですが。

かなりの確率で「うーん、マークのところがなぁ・・・」と渋られました。

 

マーク・パンサーのパートの部分ってのは、カラオケ女子にとっては悩みのタネらしく。

歌わないでただ待ってるってのは、本人も手持ち無沙汰だし周りも微妙な雰囲気になる。
かと言って、早送りは味気ないし冷める。

という、なかなか難しい問題みたいです。

 

そんなある日。
私は決めました。

 

 

「よし、マークになろう」

 

マークパンサーに、おれはなる

マークの部分がネックとなって歌う事を避けているのなら、こちらでマークを調達すればいい。

マークさえ用意すればglobeを歌って貰える。

では、どうやってマークを用意する?

 

 

俺がやればいい。

 

 

 

「マーク・パンサーに、おれはなるっ!!!」

 

 

 

そんな熱い決意を胸に秘め、またいつもの様に友人たちとカラオケへ。

 

「ねえねえ、globe歌って」

「だから、マークのところが・・・」

「大丈夫。マークは俺がやるから」

「え?マーク出来るの??」

「いや、やった事ないけど。とりあえずやってみる」

「本当に??」

「大丈夫。俺、今日からマークだから」

「ふーん。じゃあ、入れてみるよ」

 

するとどうでしょう。

なんとかなりました。
なんとかなるものです。

忘れもしない、初めてのFACE。
私がマークとしての人生を歩み始めた瞬間でした。

 

その後、様々な場での「マーク急募!」という要望に応えたり。

“見切り発車globe”で発生することの多い、いわゆる「マーク飢饉」を救う事が出来たりと。

わりと喜んでもらえました。

 

でも実は。

そんな私。
マークレベルは低めです。

上手くもなんともないのです。

なんかそれっぽく、”俺なりのマーク感”を出しながらゴニョゴニョ言ってるだけなのです。

もちろん我々みたいな即席マークにはそれが精一杯ですので、当然のこと。

 

『パンサーは一日にして成らず』

 

 

マークをやらないのには理由がある

それでも需要はある。
カラオケ店の数だけマークを求める声がある。

だったら、その声に応えたいと思うのが男の性。

それは多くの男性も分かっているのです。
分かってはいるのですけど、やっぱり男からすると手を出しにくい部分。

それはそうです。
シンプルに恥ずかしい。
あれがサマになるになるのは家元パンサーだからこそ。

まず素人には、あれが歌なのかラップなのか。
なんだか全然分からない。
英語ばかりでテンポも独特。
そもそも声がよく聞こえない。

だから鍛錬することすら、ままならない。

全てにおいて、ハイレベル。
ハイレベル&ハイリスク。
ハイレベル&ハイリスク&超ローリターン。

これでは手を出す男性が少ないのも頷けます。

 

例えば「三年目の浮気」におけるヒロシや「愛が生まれた日」における藤谷美和子の相方の練習はしていても。

globeのマーク・パンサーの準備をしている男の人ってあまり見たことないでしょう?

女性と一緒に歌うデュエットは覚えているのに、女性を助ける事に繋がるマーク・パンサーは覚えてない。

 

でもこの理由は単純なことで。

人前でマークを歌う羞恥心に対しての、成果や旨みの部分が見合ってない。

そう思われてしまっているのです。
なんとも辛い現実です。

 

マークの未来に栄光あれ

 
今後さらにですね、我々小室ファミリー世代がもうちょっと年齢を重ねますと。

スナックや歌声喫茶、老人会などのカラオケでglobeが流れる頻度は確実に増してくるはずなのです。

 

 

歯止めの効かない高齢社会。
平均寿命の男女差。

 

これらの現実を踏まえて。
その時に起こりうる現象はなんですか??

 

そうです。

 

 

深刻なるマーク・パンサー不足です。

 

 

そんな時に。

お困りのご婦人に対して「もし私でよければ、マークやりますよ?」なんて手を差し伸べてあげられたら、どう思われますか?

 

確実に喜ばれます。

紳士の鑑です。

 

 

最近読んだビジネス書に。

【世の中の困っていることを集めろ】
【人がされて嬉しいことをやれ】

こんな事が書いてありました。

 

まさにじゃないですか。

 

将来確実にやって来るであろう、マーク・パンサー大飢饉。

そのビジネスチャンスをモノにするのであれば、今すぐにでも動き出しておくべきなのです。

 

人間は「やる」「やらない」の2種類

やってやりましょう。

 

 

例えば。

「マーク承ります」というタスキでもかけて、スナックやカラオケボックスを何軒か回れば。

「流しのマーク」として小銭くらいは稼げるかもしれません。

それがSNS等で評判を呼び、面白半分のお客さんで引っ張りダコ。

 

 

必然的に「流しのマーク不足」が発生。

 

 

するとその『流しのマーク1号』が、今度は自らの経験を活かして第2第3の流しマークを育成。

 

その結果。

 

 

流しのマーク軍団、増殖。

 

 

本格化したブームはとどまることを知らず、テレビ・ラジオでも取り上げられ大フィーバー。

ついには『流しのマーク養成所』を設立し、量産型マーク・パンサーを生み出して全国各地へ続々と派遣。

それにより、心置き無くglobeを歌えるご婦人たちは大喜び。

 

これこそが「マークの部分が憂鬱」という女性の悩みを解決する事から始まった、ハートフルサクセスストーリー。

 

 

まずは地道にスナック回りしてみようかな。

 

 

誰か一緒にやりますか?

 

 

流しのチャゲも空いてますよ。

 

それではでは、こぼりたつやでした。