旅行記

2泊3日で初めての沖縄本島を堪能する!その4 美ら海水族館探索編

どうも。
沖縄初心者ブロガー、こぼりたつやです。

 

【前回までのあらすじ】
ビーチが目の前という絶景ホテルにチェックインした御一行。オーシャンビューに大興奮!スーパーで沖縄ならではの商品を買い漁り、居酒屋さんで泡盛片手に沖縄料理を食べまくる。旅は2日目。この日は何が待っているのやら。

 

そんな前回の記事はこちら→2泊3日で初めての沖縄本島を堪能する!その3 名護のホテル〜沖縄料理堪能編

 

では、続きをどうぞ。

 

起床〜朝食ビュッフェ

「7時だけど起きてる??朝ごはん行くよ」

 

女性部屋にいる妻からの電話で目が覚めます。

こちらの男性部屋。
もちろん他の2人は大いびき。

 

 

よし、置いていこう。

 

 

一人でそそくさと準備して女性陣と合流。
2Fの朝食ビュッフェへ。

ホテルの感じから、そんなに大規模なものではないだろうなぁと思っていましたが。

 

おかず充実!

 

沖縄料理!

 

豚しゃぶまで!!

想像以上というか、十分すぎでした。

 

そしていつものこれね。

 

私の朝食ビュッフェ、茶色くなりがち。

 

サラダコーナーは激戦区ですからね。
しかも女性が多い。
なので最初から勝負しません。

 

その辺の心理状態は、

あわせて読みたい
朝食バイキング時のおばちゃんはマジで最強。メンタルを鍛えて挑め!どうも。 バイキングに目がないブロガー、こぼりたつやです。 バイキングって最高過ぎるのに、なんでそんなに評価が低いの? 私はバ...

こちらに書いてます。
無駄な文章です。

 

前夜の泡盛により軽い二日酔い状態でしたが、食べて回復!ガッチリ食べましたよ。

カレーがあったら完璧だったなぁ。
(前の日食ってるだろ)

 

部屋に戻って身じたくして、さあ出発!

 

行くぜ!美ら海水族館!

てか、早くね?

 

8時出発って早くね??

 

普通水族館って10時からじゃね??

 

なんて思いましたが。
美ら海水族館のオープンは8時半。

へー!
TSUTAYAより早いんだー!

などと、とんちんかんな事を考えながら助手席で寝ます。

 

この旅行では『じゃんけんで負けた者が次の目的地まで運転』という鉄の掟が敷かれましたので。

 

勝者こそ正義。

 

誰が運転していようがおかまいなしなのです。

 

ホテルから30分ほどで到着。

 

どうやら『海洋博公園』の中にある、一つの施設として美ら海水族館があるみたいですね。

地図を見る限りでは、全部なんてとても見切れないくらい広大です。

 

駐車場から歩くこと5分。
着きましたー!

 

美ら海水族館!!

 

もちろん初めてでございます。

 

ていうか、、、

 

あたくし、、、

 

 

水族館そのものが初めてなのです!

39歳11ヶ月!
初めての水族館!

 

「えー?嘘でしょ!?」と全員に驚かれますが、そんなもんですかね?

別に避けてたわけでもないのですけど、ただタイミングが無かったというか。

水族館って、いつ行くのか分かりません。
デートとかで行きます??

思い浮かんだことすら無い。

 

しいて言うなら。

 

私は魚介類が苦手でしたからね。
お刺身やお寿司を食べるようになったのも30歳超えてからなので。

だからそれも関係あるかと。
(ねーよ)

 

情報的なことは別に書くとしまして。
ここでは私のハシャギっぷりだけを、存分にお伝えしようと思います。

 

では、一気に行きますよ!

 

堪能!美ら海水族館!

 

まずこれ!

 

ヒトデ触り!!

 

初めて触りましたー!

すげー!
ヒトデってなんなんだよー!
わけわかんねーよー!

 

そしてこいつ!

 

知らないやつ!!

 

でけーよー!
なんか浜ちゃんっぽいよー!

名前のパネルも撮っておけばよかったよー!

 

という反省を活かしまして、、、

 

フエダイ!!

フエダイ覚えましたよ!!
黄色いやつ!!

すぐ忘れそう!!

 

そんな感じでキャッキャしてたら。

 

来ましたよ。。。

 

怪しいゾーン!

 

 

危険な部位が光ります。

おおー。
デンジャー。

 

そしてこいつ。

 

ゴンズイ。

私、全然知らなかったのですけど。

妻とタケシが「こいつやべえよね」みたいな話をして盛り上がってました。

 

誰だよ?ゴンズイ。

 

こいつでした。

 

おおー。
確かにヤバそう。怖え。

刺されると激痛を伴うことがあるんですって。

イヤだねー。
怖いねー。

 

あとこれ。

 

オニヒトデ。

こいつの悪名は私の耳まで届いてます。
とにかくやべえって。

 

これです!!

 

おおー。
スーパーデンジャー。

 

てか、どれがオニヒトデですかね?

 

全部がそうだと思ってるんですけど。

とりあえず、どれも刺々しいぜ!

 

これだから海は怖いです。

 

そんなデンジャーゾーンを抜けますと。
とある水槽の前で女性陣がキャピキャピしてました。

 

なんだ?

菅田将暉でもいるのか?

 

なんて感じで割り込んでみますと。

 

 

 

 

・・・誰だ!?

 

 

「え?なにこいつ??」

「チンアナゴですよー!」

「チンアナゴ??」

「知らないんですかー??」

 

知らねえ。
チンアナゴなんて初めて見たぞ。

下ネタか??(違う)

 

4歳の女の子含めて、みんな知ってたんですけど。

有名?
チンアナゴ有名??
菅田将暉くらい有名???

てか菅田将暉だってよく分かってないぞ俺は。

 

というわけで、チンアナゴはまた別にまとめます。
長くなりそうなのでね。

 

 

そしていよいよ、、、

美ら海水族館のメインですよー。

 

ジンベエザメ&ナンヨウマンタ

超巨大水槽!!

びっっくりしましたね。
あまりにも大きくて。

 

ギネスですよ、ギネス。

 

横22.5m×縦8.2m ですって。

大きいんでしょうけど、身近なサイズではないので。
あまりピンと来ないですね。

例えるにも何にも浮かばないし。

 

そうだなー。。。

 

横はアンドレ・ザ・ジャイアント10人分。
そんで縦がジャイアント馬場さん4人分。

 

そりゃでけえ!!

 

お二人とも偉大なレスラーでしたしね。
タッグを組んだ時のど迫力ったらないですよ。

 

って、今そんな話はいいんです。

 

こちらを見て下さい!

 

でけー!!

 

あまりの大きさにぶったまげました。

 

ジンベエザメと言えば、私の中では完全に元王下七武海のジンベエ親分でしたけど。

全然違うじゃねえか。

ずんぐりむっくりしてないし。
和服着てないし。

 

でもカッコいい。
そして、間違いなく強い(確信)

温厚そうに見えて強いという点ではジンベエ親分と同じですね!

 

 

そしてこちら。

 

ナンヨウマンタ!!

 

これまたでけえ!!

 

もうね、あたしゃ一目惚れだよ。
マンタに。

ずーっと見てました。

 

だってこれ見てくださいよ。

 

裏マンタ!

 

超かわいくないですか??
どこが顔だか分かりませんけど。

なんかこれ見てるとウルトラマンのダダ星人を思い出すんですよね。

 

ほら。

 

©︎円谷プロダクション

 

なんか似てますよね。

 

あ、ありましたよ。
データ的なやつ。

 

すげーな。
ジンベエザメの雄、5500kgもありやがる。

 

ってことは、、、

 

 

ビッグバン・ベイダー約32人分かよ。

 

 

そりゃすげえ!!
(その実感の仕方やめろ)

 

とにかく素敵な水槽でしたよ。
ジンベエザメとマンタ以外の魚たちもね。

「あー、コバンザメってこういうことかぁ」

みたいな。
かわいいけど、憧れはしませんね。

 

写真はたくさん撮りましたので。
これまた別にまとめておきますね。
美ら海水族館ギャラリーとして。

 

美ら海水族館、最高でーす!

というわけで駆け足でしたが。
以上、美ら海水族館レポートでした。

 

いやー!

 

良かった!!

 

すげー良かった!!

 

想像以上に良かった!!

 

住みたい!!!

 

水族館って楽しいですね。
でもよく考えたら、私の初めての水族館がここですから。

これから先、他の水族館へ行くたびに美ら海水族館を基準にしてしまうわけですよね?

 

それって、、、どうなんですか?

 

大丈夫ですか?
それでも楽しめますか?
マンタは他のとこにもいますか?
ジンベエ親分は無事ですか?

 

まあいいや。

 

あ、あとね。
幹事子ちゃんによりますと、

「こんなに空いてるの初めてでした!」

とのこと。

やっぱり開館直後の8時半過ぎに入ったのが良かったみたいですね。

実際外に出た10時半くらいには、物凄い人が押し寄せていましたから。

早めの時間がオススメかもです。

 

そして次の目的地は沖縄そば屋さん!

楽しみです。

これまた私にとって、人生初の沖縄そば屋さんとなるのです。

色々な人生初があって幸せですな。

 

というわけで、今回はこの辺で。

 

また次回【2泊3日で初めての沖縄本島を堪能する!その5 八重食堂〜道の駅許田】でお会いしましょう。

 

それではでは、こぼりたつやでした。