ファミコン・ゲーム

『オホーツクに消ゆ』ギャラリーで荒井清和先生の作品を堪能しよう!

どうも。
ファミコンソフト収集ブロガー、こぼりたつやです。

 

こちらの記事でご紹介しました、

 

 

 

オホーツクに消ゆ。

ゲーム史に燦然と輝く、堀井雄二さんがシナリオを手がけたミステリー作品です。

 

そして作画を担当したのが、荒井清和先生。

『ファミ通クロスレビュー』や『べーしっ君』『いただきストリート』でもお馴染み。

私はこの荒井先生が大好きなのです。

 

というわけで今回は『オホーツクに消ゆギャラリー』と題しまして。

「荒井先生の作品をストーリーに沿って堪能しようぜ!」という企画でございます。

 

作中に出てくる人物画をほぼ全て撮りましたので。

プレイされた方は懐かしく、未プレイの方はプレイしている気になってご覧いただけたらなぁと思います。

 

それでは、高田馬場ルブランからスタート!

 

オホーツクに消ゆギャラリー

 

晴海埠頭で発見された死体の所持品から割り出された、高田馬場のキャバレー・ルブラン。

 

 

店内に入り、最初についてくれた『あけみ』。

 

 

被害者の『ますだ』が指名していた『るな』。
ど迫力の貫禄。

 

 

『ますだ』の宿泊先『たかだりょかん』。
ここの部屋にあった所持品から北海道での操作へと踏み切る。

 

 

ここから物語はスタート。

 

 

北海道警の人。
何やらヤクザが動いているとのこと。

 

 

相棒の『さるわたりしゅんすけ』。
かわいい顔して結構生意気。

 

 

被害者『ますだ』の妻。
今作、最も被害を被ったのはこの人かも。

 

 

北浜駅の駅員さん。

 

 

北浜海岸の観光客。

 

 

第2の被害者『いいじま』の息子。

 

 

札幌すすきのコロポックリの『げんさん』。被害者そっくり。
コロポックリは炉端焼き屋さん。無愛想。

 

 

第3の被害者『しらき』の部下『さかぐち』。
「社長ー!私を支店長にしてくれる話はどうなるんですかー!?」という私欲にまみれた悲しみ全開。

 

 

摩周湖で出会った『まきこ』(左)と『めぐみ』(右)。
今作のヒロイン。

 

 

第4の殺人事件発生。
後ろは水死体??何度見ても不思議な画。

 

 

第4の殺人事件の目撃者夫婦。
新婚旅行中。妻はハワイに行きたがってた。

 

 

駐車場のおばさん。被害者カップルを目撃。
おばさんと呼ぶには抵抗のある見た目。

 

 

ウトロの街のお土産屋さん。
ペナントは10本買うと売り切れる。

 

 

被害者カップルが宿泊した『かがや旅館』の番頭。
大ゲンカしている声を聞いている。

 

 

『かがや旅館』で呼べる芸者さん。
ストーリーには関係無し。

 

 

阿寒湖の写真屋さん。
タバコを貰ってライターを借りよう。

 

 

摩周湖にいた『まきこ』。
「何も話せずごめんなさい」とメモを残し姿を消す。

 

 

怪しい人物が宿泊した『まりもや』の番頭。
行き詰まったら、そうさメモで一息つこう。

 

 

ウトロ港の漁師さん。
写真を撮ろうとするとカメラを壊される。

 

 

第4の殺人事件の犯人。自殺を図るも失敗。
第1〜第3の事件とは無関係。謎の色気。

 

 

第4の事件が別物と判明し、気合いを入れ直す相棒。
凛々しい顔して女性に弱そう。

 

 

屈斜路湖にいた地元の人。
和琴温泉へと導いてくれる。

 

 

温泉にいた『めぐみ』。
重要なヒントと共に、ゲーム史に残るインパクトを残す。

 

 

とる→めぐみのバスタオル→2分30秒。

 

 

『まきこ』の部屋にあったアルバムの写真。
コロポックリの『げんさん』は父親。
妹の『ゆかり』はひき逃げ事故で死亡している。

 

 

『げんさん』に話を聞こうとコロポックリに足を運ぶといるバイト。お前誰だよ!

 

 

紋別町の通行人。
目つきがハンパない。

 

 

紋別港管理事務所の人。
昔々の沈没した船について教えてくれる。
机に置いてあるのはニポポ人形。

 

 

『おくむら』の妻と、『おくむら』の仏壇。
ニポポ人形を渡される。

 

 

紋別の港にいる漁師さん。
ニポポ人形から『うらた』の存在を教えてくれる。

 

 

網走刑務所。
辺りを見るとべーしっ君が一瞬横切る。

 

 

面会した『うらた』こと浦田甚五郎。
何も語らない。

 

 

誘拐された『まきこ』の部屋から得た写真。
背後にいるのは『うらた』。
網走刑務所で写真を見せると、全てを語った浦田甚五郎。

船が沈没したのは故意的なもの。
それに関わった人間が殺されている。

 

 

夕張の電気屋さん。
懐中電灯を買って炭鉱へ向かう。

 

 

炭鉱で幽閉されていた『まきこ』。
妹『ゆかり』に続いて命を狙われていた。

 

 

助ける『しゅんすけ』。
完全に惚れている。

 

 

なんとか一命をとりとめた『まきこ』。
船の沈没事故に関わった人間を殺すつもりの父を止めて欲しいとのこと。

第2、第3の殺人は、まきこの父『げんさん』によるもの。
沈没した船に乗っていた父(まきこの祖父)の復讐。

 

 

最後のターゲット、今回の黒幕『あくつひでお』に向かっていく『げんさん』。
それを阻止せんと立ちはだかる手下のヤクザ。

 

 

とにかく強い『しゅん』。
あたたたたたたー!
頼りになる相棒。

 

 

実はガンに侵されていて、残り僅かな命をかけて復讐に燃えていた『げんさん』。

そして第1の殺人及び沈没事故の黒幕『あくつひでお』。
大臣になることが決まっていたが、政治家生命が終わりだと嘆く。

 

 

東京に戻る主人公を見送る相棒。
生意気だったけど、頼りになる奴だった。

 

 

エンディング。
署のデカ部屋の様子。

 

 

『さるわたりしゅんすけ』から手紙が届く。

 

同封されていたのは、、、

 

『まきこ』との結婚写真。

 

同僚に「お前も好きだったんじゃないの?」的にいじられるけど。

私が主人公の立場として真っ先に思ったのが。

 

 

結婚式、呼べよ!!!

 

 

というわけで、めでたしめでたし。

 

 

写真中心のコーナーなので、どうしても事件の経緯なんかが雑になりましたけど。

それはもうウィキペディアでも見てください。

しかしこう並べてみると見事ですよね。

 

荒井清和ワールド炸裂!

 

そんな先生に私は、

似顔絵を描いてもらってるんですねー。

 

この並びで見ると鳥肌立ちます。
ホルモン屋の店主で出してくれないかな。

 

そんな似顔絵レポートは、

あわせて読みたい
荒井清和先生に似顔絵を描いてもらった!これは一生の宝物!どうも。 ゲーム大好きブロガー、こぼりたつやです。 ゲームが大好きということは。 これとか、 ...

こちらにありますので是非。

 

いやー、名作。
たっぷりと楽しませていただきました!
次はなんのゲームをやろうかなー。

 

それではでは、こぼりたつやでした。