新日ジュニアの華やかさ、ジェイ・ホワイトの今後。新日本プロレス1.4東京ドーム大会観戦記!その3

どうも。
プロレス大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

新日本プロレス2018.1.4東京ドーム観戦記 その3です!

その2はこちら>>>鈴木みのるの怖さとKESの強さが光る!新日本プロレス1.4東京ドーム大会観戦記!その2

 

サクサク行きましょう。

 

2018.1.4東京ドーム 第6試合

IWGPジュニアヘビー級選手権試合4WAYマッチ
王者 マーティー・スカル VS ウィル・オスプレイ VS KUSHIDA VS 高橋ヒロム

 

まず大前提として。
非常にもったいないカードですよね。
どこをどう組み合わせても好カード。

ひと昔前の新日本みたいにワンデートーナメントでもやれば、極上の試合が3つ組める。

そんな4WAYですが。
もちろん面白かったです。
もったいない気持ちは残ってましたけど。

 

個人的にはマーティー・スカル。

 

当たり前のように新日ジュニアに溶け込みましたよね。試合内容はもちろんのこと、風貌や雰囲気からして「ただもんじゃねえ」みたいな感を撒き散らしてますので。私は好きです。

でもやっぱり、KUSHIDAに踏ん張ってもらいたい。

オスプレイもマーティー・スカルも高橋ヒロムもBUSHIもいる新日ジュニア。

続々と台頭して来ているからこその、KUSHIDAがんばれ。嫌われてもいいから中心はKUSHIDAでいて欲しい。

 

人気ユニットはいいんですけど。プロレスにはやっぱり本隊という軸が必要だと思ってます。あくまでも中心は本隊。
だからこそ光る他のユニット。

 

じゃなきゃ絶対コンセプトがブレる。
CHAOSみたいに。

 

あ、話が逸れてた。

 

オスプレイが勝ったよー。

 

第7試合

IWGPインターコンチネンタル選手権試合
王者 棚橋弘至 VS ジェイ・ホワイト 挑戦者

 

さて。
今回の問題マッチ。

小うるせえプロレスファンが集まれば、一晩中語れる試合じゃないですかね。文句とか悪口とか、そういうのじゃ無しに。

なのでそんな小うるせえ感じで書いてみます。
勝手な考えですよ。

 

今回のマッチメイク。

ジェイ・ホワイトを、世界に向けた「オカダ・カズチカ」にしたかったんだと思います。
突然変異的な感じ。

 

「すごいの出てきた!」
「あのタナハシに勝った!」
「ニュージャパンの未来はジェイだ!」

 

みたいな。

 

でもねー、難しいっすよ。
だってファンにとっては判断材料がこの試合だけなんですもん。

ただでさえ伝わりづらい東京ドーム。
しかもインターコンチのタイトルマッチ。
エース、棚橋弘至を相手にシングル。

酷な話です。

あのオカダですら、帰国から1ヶ月あった。
シリーズを通じて挑発しまくったし、前哨戦もガッチリやってた。

その期間があったからこそ「オカダってこういうやつ」というのがファンに浸透した。

「あんなクソ生意気な奴は棚橋にボコボコにされちまえ!」もしくは「いいぞ!棚橋の時代を終わらせてくれ!」と、思うことも出来たのです。

 

それに比べて、今回のジェイ・ホワイトは試合後の乱入が2回だけ。

どんな奴かも分からないし、どんな試合をするのか、どんな言葉を放つのか、何をしてたのかも分からない。

「SWITCH BLADE」って言われても「え?なにそれ?スイッチ、、、ブレード?ってなに?」としか思えなかったし。今でもよく分かってないです。

あの時のオカダのように「なんて生意気だ!」と思うことも出来ない。

胸にあるのは、

「いきなり大丈夫か?」
「本当にそれほどなの?」

という不安のみ。
だから「ジェイなんかやっちまえ!」と、相手の棚橋にも感情を入れづらい。

 

そんな状況でしたから。

我々ファンに出来ることと言えば、ただただ “しょっぱい試合” にならないことを切に願うしかなかったのです。

棚橋弘至VSジェイ・ホワイトの試合がどうだったのかは見た人に委ねますが。

少なくとも、プロレスファンに与えた不安を払拭するような試合ではなかった。という事はハッキリと言えます。

不安を払拭するには圧倒的なものを見せつけるしか無いのです。余程のものを見せつけない限りは、プロレスファンの心の針は戻せません。

 

そうは言ってもね。

この大舞台に抜擢される何かがあるって事は事実でしょうから。また今日から焦らず、高みを目指していけばいいと思います。

「うおおー!ジェイ・ホワイト!やっぱり凄かったのかー!」

こう驚かせてくれる日を楽しみにしてますよ。

 

プロレスファンって厳しいけど。
その何倍も優しいのよね。

 

それにしても、棚橋。
コンディション良くなさそう。。。

 

これまた不安を抱かせる感じでした。

 

その4につづく→ケニーとジェリコが世界に魅せた!新日本プロレス1.4東京ドーム大会観戦記!その4

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。