懐かしい

ミニ四駆!スーパードラゴン!29年振りにミニ四駆を作ってみた!

どうも。
第1次ミニ四駆ブーム直撃世代ブロガー、こぼりたつやです。

 

ダッシュ四駆郎世代

さあミニ四駆ですよ、ミニ四駆!

 

もしかしたら「うちの子が好きなの!」というお母様や「俺もハマってたぜー!」なんて20代の方もいらっしゃるのかもしれませんが。

 

私の場合はミニ四駆の最初のブーム時。
第一次ミニ四駆ブーム直撃世代なのであります。

ダッシュ!四駆郎(よんくろう)(1)

ダッシュ!四駆郎(よんくろう)(1)

徳田ザウルス
発売日:1988/05/28
Amazonの情報を掲載しています

80年代半ば〜後期くらいですかね。
ビックリマンチョコのシールを狂ったように集めていた世代とイコールだと考えてもらえばいいでしょう。

ちょっと上の先輩ですと「ミニ四駆?俺らはRCカーだぜ」ってなるかもしれませんね。

そんなミニ四駆をですね、久しぶりに作ってみました!

 

実に、約29年振り!

29年間やって来なかった事を今更やるって、なかなか無いですもん。

 

ドキドキしますねー!

 

お宝発見!スーパードラゴンJr.

 

今回挑戦するマシーンです。

 

古のマシンにして、あの伝説のドラゴン三兄弟の一角。

 

スーパードラゴンJr.

ヤバいですね。
箱を眺めているだけで目頭が熱くなる。

復刻版という刻印こそあるものの、当時と全く変わらぬデザイン。

 

ファミコンソフトを探しに行った際、秋葉原の「まんだらけ」というお店で発見。

 

関連記事>>>初めての秋葉原でも安心!懐かしのファミコンショップガイド 5店

 

何気なく見ていたプラモデルの棚にひっそりと佇んでいたのを発見しまして。

 

「おお!懐かしい!」

しかもお値段なんと1500円!
これはお買い得です(当時の定価は600円)。

 

即断!即決!即購入!

 

スーパードラゴンは貴重??

購入したのはいいですが、そこからしばらく考えます。

「開けないで保管しておいた方がいいかな?」

 

なぜなら私は世界屈指の手先不器用野郎ですから。

図工・美術・技術・家庭科は、どれも2しか取ったことがないですので。

いわゆるガンプラなんか夢のまた夢。
プラモデルの部品は折ったことしかない。

そんな超絶不器用男が下手に作り始めてしまったら、、、

せっかくのスーパードラゴンを台無しにしてしまう可能性が非常に高い。

 

ここはやはり「箱を眺める」という楽しみ方に徹するのが得策。

 

でも!!

 

あたい、やっぱり・・・

 

買ったからにはマシンを拝みたいの!

飾りたいの!

単三電池2本入れて走らせたいの!

 

欲求を抑える事など出来るはずもなく、開封してしまいました。

 

 

懐かしのミニ四駆!

では早速フタを開けて、、、

 

ご対面。

 

 

おー!そうそう!

こんな感じだった!!
ステッカーを貼る前のボディにタイヤ。
モーターとカラフルなギアも見えますね。

やべえ。。。

 

 

緊張してきた。

 

 

とりあえずステッカーを貼ってみましょう。

 

これさえ貼ればテンション上がりそうだから。

 

 

貼れた!!

 

おお、もうカッコいい!

いいじゃんいいじゃん。
やれば出来るじゃん!

もう完成したと同然!

(シール貼っただけ)

 

 

アラフォーのミニ四駆作り

 

シャーシってやつですね。土台です。
これが細かい部品が多くて緊張するんですよ。

カラフルなのがギア。

紛失するにはもってこいのサイズです。

 

なんて言うんでしたっけ?

てか見えます?

細い金棒と小さ過ぎる部品。

タイヤを繋ぐ棒がホイールシャフトで、小さい丸いやつがベアリング。だったかな?

こんなのもうね、わざと無くさせて新しいの買わせようとしているに違いない。

 

 

ホイール(中身)にタイヤ(外)をかぶせます。

ニッパーを用意するのを忘れたので、今回は近くにあった爪切りを使ってます。

こういう折れたりする心配のない部品は安心して扱えるので好きです。

 

 

ギアとかそういう大事そうなところ。
グリス(潤滑油)を塗りながら頑張ります。

でも塗り過ぎたのか。

 

途中でグリスが底を尽きてしまうアクシデント。

 

ヤバいな、、、

 

代わりになるものだと、ごま油くらいしかない。一気に香ばしさが増す。

 

 

悪戦苦闘しながらも、いよいよモーターを乗せてモーターカバーをかぶせる段階まで来ました!

ハイパーミニでもハイパーダッシュでもない、付属のノーマルモーター。懐かし。

 

ちなみに、ここまで作るのに40分以上経過してますからね。

恐らくかなりのスローペース。

 

 

 

ガチーン!!!

しっかりとモーターカバーをかぶせました!
ちゃんと走るのかな。

 

試走用の電池はもちろん、テレビのリモコンから拝借。

 

そしてついに、、、

 

 

スーパードラゴン、完成!

 

おおーー!カッコいい!!
所要時間45分!遅い!
でもちゃんと走りましたー。感動!

 

かなり久しぶりでしたが、いいものですね。

私はプラモデルも組み立て式の家具も、本当に本当に苦手ですので。

DIYという言葉に中指を立てながら、一切やらない事にしているのですが。

 

不覚にも「こういうのもいいなぁ」なんて思ってしまいました。

段々と組み上がっていく様子は楽しいものですね。

 

というわけで【28年振りのミニ四駆 スーパードラゴンJrをつくろう!】のコーナーでした。

 

こうなったら、サンダードラゴン&ファイヤードラゴンも欲しくなります。

ドラゴン三兄弟、並べて飾りたい。

 

 

カックイイ!

 

そんなドラゴン三兄弟は、

タミヤ レーサーミニ四駆シリーズ No.7 スーパードラゴンJr. 18007

タミヤ レーサーミニ四駆シリーズ No.7 スーパードラゴンJr. 18007

5,000円(11/13 16:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
タミヤ レーサーミニ四駆シリーズ No.11 ファイヤードラゴン Jr. 18011

タミヤ レーサーミニ四駆シリーズ No.11 ファイヤードラゴン Jr. 18011

8,111円(11/13 16:50時点)
Amazonの情報を掲載しています
タミヤ レーサーミニ四駆シリーズ No.8 サンダードラゴンJr. 18008

タミヤ レーサーミニ四駆シリーズ No.8 サンダードラゴンJr. 18008

3,200円(11/13 16:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

プレミア価格!!

当時の純正品ですけどね。

 

これも懐かしいからプレミア価格。

 

それではでは、こぼりたつやでした。