懐かしい

工藤静香のヒット曲を3つ、独断と偏見で選んでみたよ。

どうも。
90年代JPOP大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

90年代JPOPが流れるお店をやってます

当店の有線は、90年代JPOPチャンネル。

色々なヒット曲が流れてお客様からも好評なのですが。

 

全部いい。

 

そんな中。
「工藤静香で一番好きな曲はなんだ?」
一緒に働いてる妻とそんな話になりまして。

 

本気で考えましたよ。

 

あれもいい、これもいい。

「いや待てよ、うしろ髪ひかれ隊も入れたら・・・」

みたいな。

 

なのでせっかくですから発表します。

 

こぼりたつやが選ぶ工藤静香ヒット曲ベスト3!

本当はベスト7とかにしたいんですけど。
キリがなくなるので3にしておきます。

 

 

では第3位!

 

 

1993年2月3日発売

 

 

「慟哭」です!!

 

工藤静香の最大売上枚数を記録しているこの曲。いいですよねー。

 

これを第1位にする方も多いかと思います。

分かりますよー。
私も言われてパッと浮かぶのはやっぱりこの曲だったりしますもん。
なので、限りなく第1位に近い第3位です。

世代の近い女性とカラオケに行く機会があると高確率で耳にしますしね。

さすが中島みゆき、いい曲作ります。

 

 

続いて第2位!!

 

1990年1月10日発売

 

 

「くちびるから媚薬」です!

 

 

色気ハンパねえ。

 

やっぱりこれは外せません。

「ちょっと待ってよねぇ なんて言ったの今」

「いいのいいのいいの 涙さえいいの」

松井五郎先生炸裂です。
脳に直接スコーン!と来ますね。

 

 

ちなみに「工藤静香 くちびる」と検索かけたら、

「くちびるから微熱」

という予測ワードが出てきてちょっと笑いました。惜しい。

 

媚薬です。

 

てか「くちびるから媚薬」って、いいですね。エロい。

 

 

口移しかな?(違う)

 

 

 

それでは第1位!!!

 

 

1991年10月23日発売

 

 

 

 

「メタモルフォーゼ」です!!

 

おめでとう!ありがとう!

 

 

緑のCDジャケットが印象的。
この歌、マジで好きっす。
中学生のとき死ぬほど聴いたなー。

 

 

歌い出し。

「だめじゃないのに だめなふりして 許す唇」

 

 

いい!!!!!

 

 

なんかもう、楽しい!!
楽しいですね!
俺にもこんなことあったかなー!?ねーなー!
いけそう!と思ってダメなパターンはあるんだけどなー!

 

 

ところで、メタモルフォーゼって意味知ってます?
私25年以上聴いているにも関わらず、全然知らなかったんですけど。

 

ドイツ語で「変身」なんですってー。

 

「戸惑いも 脱ぎ捨てた 北風の窓辺で
さみしさは 女を わからずやに してしまう 戯言
どうにかなりそう抱いて
なりふり構わずに」

 

 

確かに!なんかそれっぽい!てかエロい!
こんな歌だったのか!

 

歌詞の意味なんか全く理解しないで聴いてたなー。
Don’tやアップル通信でハッスルしてた頃だもんなー。

 

 

 

というわけで。

 

 

【こぼりたつやが選ぶ工藤静香ヒット曲ベスト3】

第1位 メタモルフォーゼ
第2位 くちびるから媚薬
第3位 慟哭

 

 

このように決定しましたー。
パチパチパチパチー!
でも本当は「黄砂に吹かれて」も入れたかった!

 

どうです?
これは文句無しじゃないですか??

 

異論は受け付けますよ。

これ聴いて、もう一回考えよ。

ミレニアム・ベスト

ミレニアム・ベスト

工藤静香, うしろ髪ひかれ隊
5,980円(07/19 21:49時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

それではでは、こぼりたつやでした。