コミュニケーション・接客

接客業ってストレスたまる?ストレスを抱えないためにはスイッチの切り替えが大事

【人見知りの人が初めての接客業に挑む】というテーマを設定して、全10回の接客業講座をやっております。

その8回目。

気になる方は【誰でも出来る!超簡単接客業10回講座】を覗いてみて下さいね。

 

 

今回はこちら。

「接客業って、ずーっとお客さんの相手してるけど。疲れない?ストレスとかどうなの?」

ストレス解消についてです!

 

今回のテーマのポイント3つ。

・スイッチの切り替えは大事!
・人と喋ることを楽しむ!
・自分が『嫌なお客さん』にはならない!

では今回も行ってみましょう。

 

スイッチの切り替えは大事!

私ね、昔から不思議で仕方なかったんですよ。

なんで芸能人は休みになるとハワイとか海外ばっかり行くのかな?

別に国内にも良いところはたくさんあるし、思いっきり贅沢出来るじゃん。

って。

でも、接客業をやるようになって分かったんです。

スイッチをOFFに出来る場所。

これが海外なんだろうなぁって。

国内ではどんな贅沢をしようが、高級なところに泊まろうが、やっぱり周りに知られている。休みなのに顔を指されて、それに応えなければいけない。

これではOFFとは言えないですもんね。
そりゃ海外に行きますよ。

それを踏まえて、接客業のONとOFFの大切さ。

私の場合、OFFに切り替えられるのは自宅です。

家でゆっくり好きなことをしている事が、何よりの安らぎ。プロ野球ニュースを見る、プロレスを見る、ゲームをする、マンガを読む、ブログを書く、妻と喋る。

「ストレス解消法は?」と聞かれたら「家でゆっくり好きなことをして過ごす事」と答えます。
(そもそもストレスは感じてないけど)

例えば仕事帰りに飲みに行くとか。
それも好きなのですが。それはそれで確実に、なんらかのスイッチがONになってしまうので。

完全にOFFになれるのは家だけなのです。

 

もちろん、そうでない人もいます。

 

近所の居酒屋さん。
とにかく名調子でよく喋るマスターなのですが。
営業が終わると知り合いの店へ飲みに出かける。

なので聞いてみたんです。

「店が終わったのにまだ人と喋るのって、面倒くさくないんですか?」って。

そしたらですね。

 

「オレの話を聞いて欲しいんだよ!」

 

って言ってました。

これには思わず「なるほど!!」と。

 

接客業はお客さんの話に合わせる事が主な仕事ですからね。喋るとはいえ、自分本位の話題・内容ではないのです。

それで閉店後に、今度は自分の好きなことを喋りにいくのが、そのマスターの切り替えでありストレス解消法。

電源はONなのかOFFなのかよく分かりませんけどね(笑)

 

そんな感じで、仕事が終わってから自分が最も楽になれる環境を知ることは大事です。

色々と試しながら、一番楽で電源をOFFに出来る環境を手に入れましょう。

 

人と喋ることを楽しむ!

電源OFFの後は、人と喋ることを楽しむ!です。

「え?なんか矛盾してない??」
「電源OFFがストレス解消なんじゃないの?」

そうなんですけど。

さすがに貴重な休日を丸々、電源OFFにしてぼーっと過ごすのはもったいないので。何かしらしますし、どこかしらには行きます。

そうすると誰かと喋る機会も当然あるわけですよね。

友人、家族、恋人はもちろん、店員さんや居酒屋で居合わせた人などなど。

 

そんな時の会話を、思いっきり楽しむのです。

ここで「休みの日に人と話すの面倒くせえ」となってしまうと、本当に人との会話が仕事でしか無くなってしまいます。

だからとにかく会話を楽しむこと。
そして、会話するという行為を好きになることが大事です。

私は人と会話をする事が、好きで好きで仕方ありません。

例えば飲み会。

次カラオケ行こうぜー!みたいな流れになりがちですが、私の本音は「カラオケより飲み屋さんで喋りたい!」なのです。

もちろんカラオケも好きなのですが、喋ることはその1000倍好き。

だから上でもチラッと書きましたが、接客でストレスを感じないのです。喋ること自体が好きだから。

この体質を手に入れてしまえば、強いです。

もちろん、あまりに嫌なお客さんの場合とかは別ですけど。

 

自分が嫌なお客さんにならない!

非常に残念なのですが。
接客業の反動で、プライベートでは自分が嫌なお客さんとなってしまっている人もいるんですね。

しかも大多数。
かなり多いです。

ほら、私は元タクシー運転手でしたから。
その辺の生々しい姿は嫌ってほど目の当たりにしてますし、何度も嫌な気持ちにさせられました。

そして思います。

この人、大した仕事出来ないんだろうなぁって。

お客さんの立場になって物事を進めていくのが接客業の大前提。

そんな仕事に就いてる人がプライベートだからといって、他人に酷い態度を取ってどうするって話です。しかも同じ接客業を相手に。

恐らくそのスタイルが、その人にとっての電源OFFでありストレス解消なのかもしれませんが。それでもやっぱりダメです。

会話を楽しもうとする気持ちがあれば、絶対に嫌なお客さんになんてなり得ませんからね。

 

あと、経験上。

私の周りで良い仕事をされてる人は、やっぱり店員さんへの態度も素晴らしいです。

なので接客業に就いたばかりの人は、『自分が嫌なお客さんにならない』というのを頭の片隅に入れておきましょう。

 

最後に

というわけで、今回はストレス解消をテーマに致しまして。

1.スイッチの切り替えは大事!
2.人と喋ることを楽しむ!
3.自分が嫌なお客さんにはならない!

この3つをご紹介しました。

接客業って、どうしても「喋るのが仕事」になってしまいますので。この『人と喋る』を嫌いになってしまうと致命的なんですよね。

仕事に行くたびにストレスを抱えてしまう。

もちろん、店の方針とか嫌なお客さんとか嫌な店長とか嫌いな同僚とかでストレスを抱えることもありますけど。

『喋る』という基本動作でストレスは感じて欲しくないのです。

確かに色んなタイプのお客さんがいます。
人間ですからね。

それを顔色ひとつ変えずに次々と対応していけるって、結構カッコいいですよ。しかもノンストレスで。

繰り返しになりますが、それを手に入れるには

『人との会話を楽しんで、好きになること』

今のうちにさっさと身につけてしまいましょう。

 

次回はようやく、このテーマを取り上げます。

「この店長どうなの?」
「なにこの先輩?」

スタッフへの不信感問題!

気が重いテーマですけど、一番知りたいところですよね。きっと。

次の記事へ>>> 店長がムカつく!先輩がウザい!職場に嫌いな人がいる時の対処法