【競馬 初心者さん必見!】超簡単で分かりやすい競馬の流れ

どうも。
競馬大好きブロガー、こぼりたつやです。

新聞、予想、パドック、馬券、レース。初心者必見!一連の競馬の流れを写真で説明するよ!

 

新聞を見よう!

今回はこちらのレース。
「東京競馬場」の第1レースですね。

何やらごちゃごちゃ書いてありますが。

これ実は「物凄い情報量」なので、読めるようになると楽しいですよ。

 

パドックを見よう!

こちらが「パドック」。下見所です。

この日は「フリーパスの日」ということで、1レース目から物凄い人。

 

こうして目の前で見るもよし。
モニターで見るもよし。
もちろん、「見ない」のもよし。

 

本馬場入場を見よう!

パドックの周回を終えた馬たちは地下馬道を通って、いよいよ競馬場へと姿を表します。

もちろんその間に、パドックから「馬場」へ急いで移動しなければいけません。

小走りくらいで間に合うはずです。

「誘導馬」の後ろから「16頭」。
「場内アナウンス」で名前を紹介されながらの入場です。

これが「日本ダービー級の大レース」になりますと、スタンドが揺れるほどの盛り上がりを体感できます。入場だけで揺れます。

このレースは「ダート」なので、内側。
「芝」のレースならもっと近くで見られます。

 

そしてこの本馬場入場を見終わる頃には、「発走時刻まで残り10分」を切っているはずですので。

そろそろ「予想」をまとめて「馬券を購入」しなければいけません。

 

はい。

「馬連5頭ボックス」の馬券を買いました。

当たればいいねー。
そだねー。

 

レース観戦をしよう!

さて、レース発走直前。
どこで観ましょうか。

 

今回は、、、ブログ記事のため。

 

もちろんゴール前最前列!

敷物で場所取りがしてあるのですが。
午前中のレースなら、比較的すんなり目の前で観ることが出来るのです。

 

なぜなら普段の私は、

「人が少ないスタンド」の椅子だったり。

 

 

「日陰」だったり。

 

 

現場の醍醐味を思い切り無視しながらの「屋内のモニター」だったり。

うーん。

競馬を始めた頃の新鮮な気持ちを取り戻さなければいけないなぁと、これ書いてて思いました。

 

スタート近くになると、周りの雰囲気が変わってきます。ワクワクドキドキ、人によっては「殺伐とした歓声」を送る人もいたりします。

 

スタート地点は距離によるのですが。
今回は、

 

向こう側ですね。

 

「ファンファーレ」が鳴って、スタート!!

 

元も子もない言い方をしてしまえば。

「現地のレース観戦とはいえ、目の前を馬が走るのは一瞬」ですからね。

9割は「巨大ビジョン」で見てます。
でも太陽で眩しいから見にくい。

 

なので一番見やすいのは、屋内モニター。

 

でもね。
大事なのは「雰囲気」ですよ雰囲気。

 

というわけで、、、

ゴール!!!

 

表彰式があるよ!

レース後には「表彰式」が行われます!
これはウィナーズサークルという場所で。
各レース後に必ず行われるのですね。

 

さあ、来ましたよ。

見事勝利したレユシットちゃん。
「牝馬」です。

みんなで勝利を祝って記念撮影。

勝ったのは「戸崎圭太」ジョッキー。
おめでとうございます。

 

えっ!?

 

なんですか??

 

表彰式の人が少ない??

 

 

あれ、もしかして。

 

こんなの考えてました?

 

いやいやいやー。
こんなに盛大なのは、家族親戚まで応援に来てるであろう大レースのみ。

 

大体は、

 

こんな感じ。

ジョッキーと馬主さんと厩舎スタッフ。
「馬主さんや調教師さん」不在なんてこともよくあるのです。

 

そして戸崎ジョッキーは、

次のレースにも騎乗するので急いで戻ります。

 

と、ここまでが1レース。
これを12回繰り返すと、競馬場での1日が終わるわけですね。

競馬って、意外と忙しいのです。
あと歩く。

 

 

まとめ
・新聞を見よう!
・パドックを見よう
・本馬場入場を見よう
・予想をまとめよう
・馬券を買おう
・レースを見よう
・表彰式を見よう

 

 

・・・やること多いっすね。

 

もちろんこれを全部やらなくてもいいのです!
パドックを見なくてもいいし、新聞を見なくてもいい。なんなら馬券を買わなくたって楽しめる。

 

競馬の楽しみ方は人それぞれ!
自分なりのスタイルを確立して楽しみましょう!

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。