「カイジ」ってどんなマンガ?今さら聞けない超簡単カイジ講座

どうも。
福本伸行作品大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

ペリカって知ってます?

ざわ… ざわ…って知ってます?

鉄骨渡りって知ってます?

 

 

知らない人、マズいですよ。

“カイジネタ”は話題になりやすいので。知っておいた方がいいです。

 

というわけで!

 

誰でも簡単!

『今さら聞けないカイジ講座』

行きますよー!

 

「読んだことない!」という人も「昔読んだけど忘れた!」という人でも。

これさえ読めば大丈夫!

 

カイジの作者

まず冒頭で私「福本伸行作品大好きブロガー、こぼりたつやです」と名乗りましたが。

 

その【福本伸行】さん。

 

これは作者の名前です。
覚えておきましょう。

代表作はこの「カイジ」の他、「アカギ」「天」「銀と金」「黒沢」「零」などなど。

まあ「カイジ」を知らない人が知ってるとも思えませんが。

 

とにかく”賭博”や”麻雀”を扱った作品が多いです。
多いというか、ほとんど。

カイジはその中でも、最もメジャーになった【賭博漫画】ということです。
藤原竜也さん主演の映画も話題になりましたね。

絵のタッチや、今や作品以上に有名になった「ざわ… ざわ…」などの表現がとっても個性的。

博打中の心理描写や言葉選びも独特中の独特。

 

カイジのストーリー

カイジのストーリーは単純明快。

 

『莫大な借金を返済するために無茶苦茶な博打に次々と挑むぜ!!』

 

これだけ覚えておけばOK。

 

全体のストーリーよりも、カイジが【どんな博打に挑んだか】ということの方が大事。

 

 

以上!
本当こんなもんで大丈夫です。

 

繰り返しますが。
「カイジ」という作品は、

 

【莫大な借金を背負った主人公が、その返済をするために博打をするマンガ】

 

これが全てです。
シリーズ多数あるけれど、この基本コンセプトはブレませんから。

これを軸として、その周辺にワードを肉付けしていけば「読んでいなくても知ったかぶり可能」なのであります。

 

 

カイジ用語集 15選

では、その肉付け作業に入りましょう。

この基本さえ抑えておけば、ふとしたカイジネタの会話にも付いていけるはずてす。

今回は厳選15用語!
行きますよー。

 

【カイジ】
作品名及び主人公の名前。

《主人公》
フルネームは、伊藤開司。
博打に関しては天賦の才を持つものの、何かにつけてすぐ借金を背負う。
カッコ良く描かれるが、基本はクズ。

 

【限定ジャンケン】
グー、チョキ、パーが書かれたカードを1枚ずつ出してのジャンケン勝負。戦略が大事。

 

【鉄骨渡り】
恐らくカイジ史上最も有名な『競技』

地上74mの高層ビルと高層ビルの間に架けられた鉄骨を渡り切ればクリア!だが、落ちたら即死。

 

 

【チンチロリン】
日本古来のシンプル博打。サイコロを3つ同時に振り、出た目の大きさで勝負する。

 

【Eカード】
皇帝・市民・奴隷の3種類に分かれたオリジナルカードゲーム。心理戦の様相が強い。

 

【帝愛グループ】
闇金融を始めとする数々の事業を多角経営する一大組織。

『債務者のカイジ VS 債権者の帝愛グループ』

この戦いこそがカイジシリーズの軸。

 

【黒服】
幹部クラスを除く帝愛グループ従業員の通称。
黒スーツに白シャツ、黒ネクタイにサングラスという出で立ちで統一されている。

輪郭や表情は微妙に違う。

 

【地下王国(地下強制労働施設)】
まだまだ開発中であり、返済に目処が立たない債務者を放り込んでは強制労働を強いる。
劣悪債務者の行き着く果て。

 

【ペリカ】
地下のみで使用可能な通貨。
地下強制労働施設で働いた債務者たちには給料としてペリカが支払われる。

なおペリカを使って以下のようなものが購入可能。

・柿ピー(小袋) 500ペリカ
・ポテチ(うすしお) 3000ペリカ
・缶ビール350ml 5000ペリカ
・缶ビール500ml 6000ペリカ
・チーズちくわ 5000ペリカ
・ホカホカ焼き鳥 7000ペリカ
・サービスランチ 30000ペリカ他
・フルコースディナー 100000ペリカ
・一日個室券 150000ペリカ
・一日外出券 500000ペリカ

 

【一日外出券】
ペリカで購入出来る最高額商品。
地下送りとなったカイジは「外出して博打で勝って借金一発返済!」という目標を立てる。

ペリカを大量に持つ”班長”は比較的自由に外出している。その様子が克明に描かれた『一日外出録ハンチョウ』という作品がヒット中。
めちゃくちゃ面白い。

 

【班長】
地下強制労働施設は班編成。
その際にカイジが属した班の班長が、班長。
一見、物腰柔らかく面倒見のいいリーダーだが。
その実の顔は、卑劣で冷酷なペリカの亡者。
班長権限で賭場を開いては、チンチロリンのイカサマ三昧でペリカを搾取。
荒稼ぎした莫大なペリカ使って、自由気ままに一日外出券を行使する。

 

【運否天賦】うんぷてんぷ
運を天に任せること。
(例)限定ジャンケンは運否天賦の勝負ではない

ほとんどカイジでしか見ない言葉。

 

【僥倖】ぎょうこう
思いがけない幸い。偶然に得る幸運。
(例)僥倖っ!なんという僥倖!

ほとんどカイジでしか見ない言葉。

 

【圧倒的】
ひときわ、比べ物にならない。
(例)圧倒的閃き、圧倒的強運、圧倒的勝利

これを付けるだけでどんな言葉でもカイジっぽくなる不思議な言葉。

当ブログでも絶賛使用中。

 

【ざわ…】
福本作品の象徴。
何かが起こるとすぐにざわざわする。

 

こんなとこですかね。
これでカイジ用語の基本は抑えられたと思いますよ。

あとはカイジ好きの芸人さんがテレビで使ったり、居酒屋での会話なんかもカバー出来るはずです。

 

中でも【ペリカ】は使用頻度高いです。

 

今話題の仮想通貨の話をしてても「え?なになに?ペリカ?」なんて言って来る人は数百万人いるはずですので。

そこはきちんと「いやそれカイジじゃん」と反応してあげましょう。気付かれないのが一番寂しいですからね。

 

 

もちろん未読の方は是非。
本当おもしろいですよ。

 

圧倒的推挙!!!

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。