生活改善 ストレスフリー

目指せ強メンタル!他人からの陰口が全然気にならなくなる簡単な方法

どうも。
自称強メンタルブロガー、こぼりたつやです。

 

昔は豆腐メンタルだった私。
とある時期から意識的に強化するように心がけまして。
今ではかなりの強メンタルを自負しております。

もっともっと強くしますけど。

 

さて今回のテーマはこちら。

 

他人からの陰口、悪口

よく「他人からの陰口なんか気にするな!」という言葉を見聞きしませんか?

ホリエモンさんの著書なんかにはよく出てきますね。
「他人の評価なんて気にしてる暇ない。さっさと行動しろ」みたいな。

もちろんそれは大賛成。

特に自分が挑戦したい事を、他人の無責任な言葉によって二の足を踏んでしまうなんてもったいないの極み。

そんなもん放っておくに越したことは無いのですが。

 

実際、なかなか難しいじゃないですか。
それが出来るようになるって、結構大変なことですもん。

よほど強い信念を持っていたり、周りが目に入らないほど没頭できる趣味や仕事があったりする人に限られます。

誰でも簡単にとはいかないのです。

 

そんなわけで私、持ってきました。

 

これやっておけば大丈夫だよー。
他人が裏で何を言ってようが、直接言われようがヘコまないよー。という具体的な方法。

 

簡単ですので、最初に答えを言っておきますね。
それはずばり、

『自分の悪口を考えること』

これです。

 

自分への悪口を想定する

早い話が先手を打つ作戦。

考えられる限りの悪口を想定しておいて、自分に言い聞かせておくのです。

 

「多分おれ、周りにこんなこと言われてるぜ」って。

 

するとどうでしょう。
いざその悪口に直面した時に、

「ああ、やっぱりか」
「うん、それ知ってる」
「だろうねー、言われると思った」

って感じで、簡単に受け止められるというわけです。

 

そしてそこから

「でもね・・・」

と、反撃可能。

 

もちろん相手に直接言い返さなくてもいいのですが。

これで自分をなだめることが出来るのです。

自分に対しての「でもね・・・」が大事です。

これが『ヘコまない』に繋がりますからね。

 

実際に悪口を挙げてみよう

では、自分の悪口を具体的に考えていくのですが。
どんな感じなのか実際に私が挙げてみますね。

私が自分の悪口をここで晒すというわけです。

いきますよー。

 

・生意気
・付き合いが悪い
・何考えてるか分からない
・電話に出ない
・仕事してない
・店を閉めるのが早い
・言動や方向性が変わる
・冷たい
・だらしない
・頭頂部の髪が薄い

 

こんなとこかなー。

とりあえず10個だけ。
まだまだ余裕で出せますけど(涙を拭きながら)

 

これらは自分で自分を客観視した時に「言われるだろうなー」と想定したものです。

 

なので人によっては、

「そんなことないよ!めちゃくちゃイケメンだし髪もフサフサだし素敵な人だわ!」

と言ってくれる人もいるかもしれません。

もちろん、そういう意見は遠慮なく頂戴致しますが。

まずは悪口の可能性。

「これ言われそうだな」というものは、思いつく限り挙げておくことが大事です。

 

悪口を昇華させよう

さて、そんな自分悪口。
挙げたらただ持っておくのではなく、今のうちに解決しておくのです。
これで抗体が完成します。

別の表現を致しますと、言い訳です。

 

悪口に理由付けをする。
一つずつ全てにです。

では、前述の悪口を引用してやってみますね。

 

・生意気→目上の人より年下や後輩を気遣いたい

・付き合いが悪い→それより大事な用がある

・電話に出ない→メールしてくれ

・何考えてるか分からない→ミステリアスでカッコいい

・全然仕事してない→それで成り立ってるならカッコいい

・閉店時間が早い→効率的でカッコいい

・言動や方向性が変わる→それを進化と呼ぶ

・冷たい→相手による

・だらしない→勝負どころで本気出す

・頭頂部の髪が薄い→自分が一番知ってる

 

こんな感じですかね。
もはや言い訳にもなってないものも多々ありますけど。

でもまあ、こんなもんですよ。

 

では次。

最近はこっちの方が大事になるパターンもありますね。

 

SNS上の自分です。

 

SNSでメンタルやられるなんて、こんな面倒なことはないですから。

ここでもしっかりと想定して抗体を作っておきましょう。

例えばこんな感じ。

私がTwitter上で思われてそうなことを挙げますね。

 

・八方美人
・やり取りが淡白
・うるさい
・女の人にだけ丁寧
・ブログのアピールがウザい

 

長くなるので5個だけ。

これは先ほどと違って、本当に想定です。
実際の自分を知らない人たちですから。

 

「もしかしたら、こんな風に捉えてる人もいるかもしれないなぁ」

 

ということをわりと過剰に考えた方がいいでしょう。
細かいところを言えばまだまだ山ほどあるくらい。

 

そんで理由付けは、

 

・八方美人→普段通りなので仕方ない

・やり取りが淡白→リプの応酬は1回、多くて2回までの自分ルール

・うるさい→実際はもっとうるさい

・女の人にだけ丁寧→200%気のせい

・ブログのアピールがウザい→みんなやってる

 

こんな感じ。

 

SNS上は自覚が無いことでも、可能性として挙げておくと自己防衛に繋がりますよ。

 

陰口や悪口なんて吹っ飛ばそう!

というわけで、いかがでしたか?

・自分を客観視する
・言われるであろう自分の悪口を想定する
・その悪口に理由付けをする(言い訳)

この3つ。これで大丈夫。

 

いざ直面した時に、

「うん!知ってる!」
「自分でもそう思ってる(笑)」

みたいに軽く受け流すことが出来ますからね。

 

ちなみに自分の悪口は『長所』や『自信』『信念』の反対側にあることが多いですので。

その辺りから拾っていくと分かりやすいかも。

表裏一体というやつですな。

 

そんな感じで、他人からの陰口や悪口なんかは気にせず強メンタルで自分の道を闊歩しましょう!

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

こちらもどうぞ。

あわせて読みたい
おっさんはメンタルが大切「オレは疲れない!」で限界値を上げろ!どうも。 疲れ知らずブロガー、こぼりたつやです。 言葉の持つ力って凄いんだよ 新日本プロレスの棚橋弘至選手はこう言います。...