コミュニケーション・接客

嫌なお客さんが来たよ!接客業って、こんな時にはどうしたらいいの?

【人見知りの人が初めての接客業に挑む】というテーマを設定して、全10回の接客業講座をやっております。

その5回目。

気になる方は【誰でも出来る!超簡単接客業10回講座】を覗いてみて下さいね。

 

 

さて今回は気の重いテーマです。

ついに来てしまいました。

『嫌なお客さん』

これはねー、本当に辛い。

初めてそんなお客さんを目の前にすると、頭の中が真っ白になって今まで身につけた事が全て吹っ飛びます。

 

「え?なんで?なんで?」
「この人は一体なにを言ってるの?」
「もう本当にわけわかんない!」

 

一概に嫌なお客さんといっても色々なタイプの人がいるのですが。

今回取り扱うのは、“究極にわけわかんないレベルの人”です。

(接客業に就いてる人は「あ〜、それね」ってなってますよねw)

 

後々の話をしますと。

嫌なお客さんに対しては、経験値を貯めれば免疫も対応力もつきますから。

超ド級のSSSランクのヤバい人でも顔色ひとつ変えずに対処することが出来るようにはなるのですが。

これは新人さん向け。

初めて嫌なお客さんに出会ってしまった時を想定して、話を進めて行くことにします。

 

毎度おなじみ、3つのポイント。

・嵐が過ぎるのを待つようにじっと耐えよう!
・すぐに周りの人に相談しよう!
・絶対に抱え込まないようにしよう!

なんかタイトルだけで気が重くなりそうですけど、行きましょう。

 

嵐が過ぎるのを待つようにじっと耐えよう

初めての嫌なお客さんがいつになるのか。

学生バイトの時なのか、社会人になってからなのか。
はたまた結婚後のパート先なのかは分かりませんが、共通して言えること。

 

初めての嫌なお客さんの前では、何もできません!

 

これは学生バイトさん、社会人、パートさん。
年齢も何も違いますが共通して言えること。

もはや災害ですから。

なんだか分からないけど、気が付いたら嫌な気持ちにさせられてる。頭真っ白です。

それが怒鳴りつけられてるのかネチネチなのか態度なのかは分かりませんが。

まぁ〜、地獄です。

これはもう”接客業あるある”といっても過言ではないのですが、理屈じゃないんですよね。

 

なんで、こんなにキレられてるの?と。

 

意味が全くわからない。

なので、何も出来ないで当たり前なのです。
そして、何もしない事が正解。

接客業講座を読んでる人がどうこう出来る相手ではないですからね。

とにかく耐えましょう。
話なんか聞いてなくてもいいです。
泣いてもいいです。

店長なり先輩なり、助けが来るまでじっと耐えるのです。
残念ながら、それしかありません。

ちなみに私はタクシー運転手やってましたからね。助けも何も来るわけがなく、密室で延々と椅子を蹴られながら怒鳴りつけられたりしまくってました。

そして、あっという間に慣れました。

おかげでその辺の耐性はすごいです。

とにかく慣れるまでは耐えましょう。忍びましょう。頑張りましょう。

 

すぐ周りの人に相談しよう!

恐らく周りのスタッフも分かってるでしょうけど、すぐに相談しましょう。

こんなことを言われた、あんなことをされた、この店にはよく来るのか?、次また来たらどうしたらいいのか?

とにかく、気の済むまで店長や社員に話しましょう。仲のいい人に話すのもいい、気のおける先輩に泣きつくのもいい。とにかく発散すること。

アフターケア、次回来店時の対策、他スタッフへの情報共有も管理者の責任ですから。

そこはしっかりと甘えましょう。

もしそれを親身になって聞いてくれないような職場なら、さっさとやめてしまいましょう。

どうせ接客業・サービス業ならまたすぐに見つかります。

 

絶対抱え込まないようにしよう!

それだけ嫌な思いをしたのですから。
ヘコみますよね。

 

でも、、、ヘコまないで下さい。

 

無理を承知で言ってます。

その時は悔しくて苦しくて涙も出たし店長にも先輩にも泣きついたけど。

職場を一歩でも出たら忘れましょう。
忘れる努力をしましょう。

時給の発生していない時間帯に考える必要など、どこにもありません。

それがましてや、嫌なことなんて。

繰り返しになりますが、とにかく職場の人に話すことで発散してしまうのです。

 

嫌なお客さんは、一人の問題ではなくお店全体の問題なのですから。

たまたま被害に遭ってしまっただけ。
不運だったとしか思わなくていいのです。
店長に八つ当たりしてもいいくらい丸投げしましょう。

 

そしてもしその時に、守ってくれなかったり、さらに傷が深くなるようなことを言われたら。

そんな店はすぐにやめましょう。

これから先、何があってもその店はあなたを守ってくれませんからね。

 

最後に

とても暗いテーマになってしまいましたが、接客業に携わる以上は必ず起こることですので。

心構えとして持っているだけで全然違うはず。

その時が来てしまったらとにかく、

1.嵐が過ぎるのを待つようにじっと耐えよう!
2.すぐに周りの人に相談しよう!
3.絶対に抱え込まないようにしよう!

この3つ。
これを厳守して下さい。

くれぐれも一人だけの問題にしないように。
店全体の問題なのですからね。
店長に丸投げしましょう。

 

というわけで、次回はこのまま暗い話題で行きますか!

接客業を始めた頃に誰しもが思うこの問題。

「私って接客業向いてないんじゃないかなぁ?」

これに迫っていきますよーー。

 

次の記事へ>>> 接客業に向いてない??いえいえ、誰にでも出来るのが接客業ですよ