ゲームセンターCX

岐部昌幸著『ゲームセンターCX 作家岐部の挑戦』はGCCXファン必読の1冊!

どうも。
ゲームセンターCX大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

幕張メッセで行われた番組15周年イベント翌日。

余韻が冷め切らない中、注文していた1冊の本が届きましたよー。

本当は会場で買いたかったんですけどね(売り切れ)

 

ゲームセンターCX 作家岐部の挑戦

ゲームセンターCXファンにはお馴染み。
言わずと知れた、番組を支える放送作家・岐部先生の本でございます。

 

いきなり感想を言うとですね。

 

めちゃくちゃ面白かったです。

 

『250ページ超&文字小さめ』という、なかなかのボリュームで。

「よーし!毎晩寝る前の楽しみにして、少しずつ読み進めよう!」

なんて思っていたのですが。

 

読み出したらやめられない止まらない。
まさかの一気読みでした。

読むスピードは速くもなく遅くもない、それこそ「普通です」の私で3時間半くらい。

もうね、止まらないってか。
止める気すら無かったですね。
これっぽっちも。

次の章!次のページ!次の文字!と、貪るように読んでしまい。

気付いたら終わってました。

 

というわけで、概要とか感想とか。
ちょっとあれこれ喋らせていただきますね。

もちろん、幕張同様にネタバレ無しで。

 

歴史と裏側が感じられる臨場感

放送開始15周年。
DVDは大ヒット。
幕張メッセに1万人。

今や完全にCS放送というスケールを超えた超人気番組となったゲームセンターCXですが。

 

その始まりは、とても小さなものでした。

 

まだまだ駆け出しの若手放送作家”キベ”ですら驚くほどの狭い会議室。

そこに集まったのは、たったの8人。

ゲームを題材とした新番組の会議。

内容はもちろん、番組タイトルも、出演者も決まっていない。

正真正銘『ゼロ』の状態。

 

なので、

・番組タイトルが名づけられた理由
・番組の立ち上げと方向転換
・よゐこ有野氏が起用された理由

などなど。

こんなところから番組の歴史を知ることが出来るのですねぇ。

 

この本の大きな魅力は『臨場感』です。

会議の様子やロケの裏側、有野課長やスタッフさんとのやり取り。

これがとてもリアルでいて、自然ですので。

まるで自分がその場にいるかのような錯覚に陥ります。

 

もちろん、助っ人ADさんや挑戦ソフトのエピソードも盛りだくさん。

番組ファンとして「この話が聞きたいな」という部分はしっかりと抑えられていましたね。

 

この本の楽しみ方

そんな『ゲームセンターCX 作家岐部の挑戦』ですが。

「わたしは番組をずっと見てるぞー!」
「GCCX大好きだぜー!」

という人は、間違いなく楽しめます。

自分の頭の中にある『GCCX年表』に、どんどん肉付けされる形になるでしょうね。

知りたかったあんなことやこんなことが、見事なまでに書かれています。

 

では逆に、

「番組を見出したのはここ最近で、あまり詳しくないんですよね」

「CS放送に契約してないので、レンタルDVDで楽しむ程度なのですけど」

こんな人ではどうでしょうか。

 

本の中では、結構ピンポイントな場面の切り取りや、具体的なゲームのタイトルなんかも出てくるので。

もちろん予備知識としては、あるに越したことはないのですが。

 

私の見解では、行けますね。

まだ『GCCX歴が浅い』という方でも十分楽しめます。

むしろ「その場面を見てみたい!」と。
番組への興味が、より一層増すはずです。

 

というのも、この本が”小説”だから。

主人公の放送作家”キベ”と、ゲームセンターCXを巡る物語。

人気番組の背景や有野課長の人柄、著者の筆力も相まって見事な1冊となっておりますので。

この本に興味を持っている人であれば、間違いなく楽しめると思いますよ。

 

まとめ

私、岐部先生と同世代なんですよね。
ファミコン直撃世代。
私が1歳下ですけど。

なので番組中のナレーションを聞いていても、

「わかるわかるww」

という部分がとても多いのですけど。

 

長い間ひとつだけ、疑問だったことがあるのです。

 

 

24時間生挑戦のソフトが、なぜ『レミングス』だったのか。

結果的には盛り上がりましたし、私もDVDを購入して何度も繰り返し視聴しております。

でも、なーんか釈然としないというか。

「どうして?」という疑問は抱いたまま。

 

なので本の発売が発表されてから、その辺も知れればいいなぁと思っていたのですが。

スッキリしました(笑)

 

 

あとはやっぱり、助っ人ADさんとのエピソードは面白いですね。

東島、笹野、浦川、井上、中山(敬称略)

いわゆる”レジェンドAD”ファンの方は絶対読んだ方がいいと思いますよ。

珠玉のエピソード満載です。

 

あとね。
私、たった一晩で読み終えてしまいましたが。

またすぐに読むと思います。

 

なぜなら、番組を見たくなったから。

 

本で読んだエピソードを噛み締めながら、DVDを見返してみる。

すると恐らく
「ほほう、実はこの時にあんなことが」
みたいな見方が出来て楽しいはずなんですよね。

そうなるとまたきっと、本に戻る。

この繰り返し。

ゲームセンターCXは『何度でも楽しめる』番組ですから。
手元に置いておけば相乗効果が期待出来ると思いますよ。

 

まだまだ紹介したいことは山ほどあるのですが。

長引くうえにネタバレしそうなのでこの辺にしておきます。

 

とりあえず言えることは。
GCCXファンなら買って損は無いです。

 

こちらから購入できますので↓

ゲームセンターCX 作家岐部の挑戦

ゲームセンターCX 作家岐部の挑戦

岐部 昌幸
1,296円(11/21 08:33時点)
発売日:2018/10/12
Amazonの情報を掲載しています

是非とも読んでみてください。

 

あとGCCX歴が浅いという人に向けてオススメDVDをずらりと置いておきます。

ゲームセンターCX DVD-BOX

ゲームセンターCX DVD-BOX

TVバラエティ, 有野晋哉
5,324円(11/21 02:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
ゲームセンターCX DVD-BOX 2

ゲームセンターCX DVD-BOX 2

TVバラエティ, 有野晋哉
6,600円(11/21 08:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
ゲームセンターCX DVD-BOX 3

ゲームセンターCX DVD-BOX 3

TVバラエティ, 有野晋哉
5,426円(11/21 08:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
ゲームセンターCX DVD-BOX4

ゲームセンターCX DVD-BOX4

有野晋哉
5,324円(11/20 18:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
ゲームセンターCX 24 ~課長はレミングスを救う 2009夏~ [DVD]

ゲームセンターCX 24 ~課長はレミングスを救う 2009夏~ [DVD]

有野晋哉(よゐこ)
4,485円(11/21 08:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
ゲームセンターCX in U.S.A. [DVD]

ゲームセンターCX in U.S.A. [DVD]

有野晋哉
4,035円(11/21 08:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック [DVD]

ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック [DVD]

有野晋哉, 吉井一肇, 平祐奈, 阿部考将, 松島海斗
2,028円(11/21 08:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

これらを見れば、さらに本を楽しめるかと思われます。

 

というわけで、

『ゲームセンターCX 作家岐部の挑戦』

オススメですよー。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

こちら、幕張レポート。

あわせて読みたい
ゲームセンターCX 15周年記念!【有野の生挑戦 in 幕張メッセ】に行ってきた!どうも。 ゲームセンターCX大好きブロガー、こぼりたつやです。 祝!ゲームセンターCX15周年!! ってこ...

 

こっちは博物館。

あわせて読みたい
ゲームセンターCX博物館 潜入レポート書かせてもらってよかですか?どうも。 ゲームセンターCX大好きブロガー、こぼりたつやです。 番組15周年記念イベント、ゲームセンターCX博物館に行っ...