ダイエット

簡単に痩せたければ体重計に乗りまくれ!乗りまくって自分を知ろう!

どうも。
孤高のダイエットマン、こぼりたつやです。

 

40歳手前のおっさんが楽々10キロの減量に成功したダイエットを、超簡単に教えますよ

 

前回「簡単ダイエットの近道はスーパーサイヤ人?変幻自在に自分をコントロール!」という話をしてみましたが、このコントロールさえ手に入れてしまえばダイエットの難易度はグンと下がるってことはお分かり頂けましたよね。

 

まだお読みでない方は「簡単ダイエットの近道はスーパーサイヤ人?変幻自在に自分をコントロール!」を読んで下さいね。

 

目標・意識・確認こそが簡単ダイエットの秘訣!今回は確認編だよ

突然ですが。
体重計は、お持ちですか??

 

私のダイエット方法には必須です。

健康器具もジムもダイエット食品も一切使いませんけど。

体重計だけは絶対に必要なのです。

 

簡単ダイエットの核である3つの柱。

・目標
・意識
・確認

この3本柱を保ち続ければ、痩せます。

 

目標意識についてはもうすでに書きましたので。
今回は「確認」についてです。

 

体重計はお持ちですか?

これは単純な話で。
確認することを習慣化してしまえば、少なくとも今以上劇的に太ることは無いのです。

 

だって数字で分かるんだもん。

少し増えたら戻せばいい。

 

 

ね?簡単でしょ?

 

「そんな当たり前すぎる話するな!」なんて言われそうですが、これがなかなか難しいみたい。

 

私自身、ダイエットに取り組んで。
それなりの結果を出して。
それから色々な人の相談を受けたり話を聞いたりしましたが。

 

「体重計に乗る」というのを疎かにしている人が圧倒的に多すぎるのです!

 

それどころか。

 

「体重計が家にない!」なんて人も。

 

 

 

 

バカヤロー!!!

 

 

 

 

体重計に乗らずに何がダイエットだ!

体重計を持たずしてダイエットに挑もうなんて、車の無い自動車学校に通うようなもの(例え下手)。

 

そんなもん意味が無い!
時間の無駄! 

今すぐやめろー!(バッサリ)

 

 

いきなり体感出来る変化なんてあり得ない

まあ恐らく、いきなり見た目や衣服のサイズに変化が起きるのを期待しているのでしょうけど。

 

そんな甘くないっす。

外見に変化が見られるようになるなんて、まだまだ先の話。

 

だから最初はとにかく体重計に乗って下さい。
家にいる時は乗りまくって下さい。

 

起床直後、食前食後、トイレ前トイレ後、大変な家事の後、運動後、仕事後、就寝直前。

 

何か行動を起こすたびに乗ってみる。
とにかく体重計に乗るクセをつける!

 

無い人は今すぐ買って下さい。

 

体重計の無いダイエットなんて、面白くもなんともない。
小数点以下表示は必須ね。

これオススメ!

 

 

私も使ってます。

お世話になってるタニタさん。

 

効果を0.1kg単位で確認すれば、前進を実感出来てやる気もアップ!

太っている人が「今までよりもマシな生活」を送る限りは、絶対に体重は減っていきます。これは必然です。

0.1kg単位ですが、痩せていくのです。

それを把握しないダイエットなんて、もったいない!

 

大病でもしない限り、短期間で目に見えて痩せるなんて事はありません。
なので体重計に乗らないと減っている実感が湧かないのです。

 

見た目が変わらない。
ズボンのサイズが変わらない。
誰にも何も言われない。

 

それどころか周りから

「ダイエットしてるくせに全然痩せないじゃんw」

などと言われてしまう(これに関してはまた後ほど)

 

これではモチベーションは低下する一方。
ただでさえ過酷なダイエット。

そりゃ投げ出したくなります。

 

誰にも認められない寂しさは、やってる人にしか分かりません。

 

 

だから、、、

 

 

自分で自分を褒めるのです。

 

 

例えば90.2kg→90.1kgに減った。

第三者が聞いたら「たった0.1kgとかwww」などと笑われそうですが。

それでも減っているのは事実です。

目標へ向けて前進しているには違いない。
胸を張ってガッツポーズを決めて下さい。

 

結局この積み重ねなのです。

0.1kgだって10日経てば1kgになる。
1年で12kg。

今の私は、体重計に乗り始めて18ヶ月目。
500日以上毎日欠かさず乗ってます。

体重計に乗っていれば、自分の体重リズムが掴めてきます。

なのでこれだけは続けて下さい。

 

体重計に乗るのが怖くなる時は誰にでもある!

体重計に乗りまくっていると。

何をすれば体重が増えて、
何をすれば体重が減るのか。

それがなんとなく分かってくる。

 

そして、

毎日頑張ってるのに増えたり。
逆に食べ過ぎたはずなのに減ってたり。

そんな時期的なものも色々あります。

人間の体重はバイオリズムみたいな感じがありますからね。

結局のところ、それらを把握してしまう。

 

簡単に言うと「多少の増減があってもビビらず体重計に乗り続けろよ」って事です。

 

「昨日食べ過ぎちゃったから、体重計に乗るのが怖いな」

 

この気持ち、めちゃくちゃ分かります。今でも全然あります。

 

でも、ここで逃げてしまったら。
その翌日はさらに怖いです。
その翌々日なんかもっともっと怖い。

 

そして最終的には乗れなくなる。

 

そうなると気付けば元どおり。
元どおりどころか太ってる。

 

これが本当にもったいないけど、よくあるパターン。

 

でも、大丈夫です。

短期間では簡単に痩せないのと同じように、短期間では思ったほど太りませんから。

 

だって、常識的に考えて。

ダイエットに取り組んでる人が1日5食とかしないでしょ?

どうしてもマックを食べたきゃ食べて、次の日の昼を低カロリーにすればいい。
飲み会が続けば昼ごはんを減らせばいい。
旅行中食べ過ぎてしまったら、帰って体重計に乗って考えればいい。

 

体重の確認さえ怠らなければ、いくらでも帳尻合わせなんか出来ます。

 

人間賢いのです。
なんとかなる。
もっと自分を信じましょう。

 

というわけで。

日頃の意識と目標さえしっかり持ち続けていれば、確実に全体的に数字は減っていきますから。

それを体重計で確認してモチベーションに繋げる。

 

目標→意識→確認→目標→意識→確認

 

このサイクルが大切なのです。

 

自分の数字と向き合うって、結構勇気のいる事なのですけど。
慣れてしまえばこっちのもの。
恐る恐るでも体重計に乗ってみて下さい。

その一歩が、ダイエット成功へと続く道なのです。

 

次回はダイエットの難易度設定について!

次の記事>>>どうせ痩せるのは簡単なんだから、自分から難しくするのはやめよう!

 

今回長かったですね。次はもうちょい短いです。

それではでは。
こぼりたつやでした。