ダイエット

お腹いっぱい食べて痩せられる!?誰でも簡単、鍋ダイエット!

どうも。
孤高のダイエットブロガー、こぼりたつやです。

 

40歳手前のおっさんが楽々10キロの減量に成功したダイエットを超簡単にお教えするシリーズです

 

ダイエット記事もこれが8記事目。実践編に突入しております。前回の「簡単に痩せられる?「こぼりたつや式ダイエット」を質問形式で大公開!」で、私が痩せた方法を一通り披露したつもりではありますが。それぞれもうちょい詳しく書いていきます。

なので「簡単に痩せられる?「こぼりたつや式ダイエット」を質問形式で大公開!」こちらをお読みでない方は読んで下さいね。

 

私が簡単に痩せた方法『鍋ダイエット』とはなんだろう??

 

 

これはもう読んで字のごとく。
「ヘルシーな鍋を食べて痩せようぜ!」
というもの。

 

「痩せたいけど食べたいなー。毎晩酒飲みながらお腹いっぱい食べて痩せたいなー」

なんともダメ人間らしい発想から生まれたダイエット方法なのです。

 

元モーニング娘。の辻ちゃんが「湯豆腐ダイエットで15kg痩せた」という情報をヒントに考えました。

 

私はとにかくお肉が大好きですので。
ただの湯豆腐では物足りない。

 

なので必ずお肉も鍋には入れることにしました。

もちろん少しでは物足りない。
だから200g以上は食べます。

結構な量です。

 

一昔前までは「肉は太る」なんてイメージがあったのですが、ここ最近の糖質制限ブームにおいて。

 

 

「肉は食べても太らない」

 

 

という説がクローズアップされる事が多くなりましたのでね。

毎晩遠慮無く食べる事にしたのです。

都合の良い情報は全て取り入れる。

 

というわけで。

 

「野菜、キノコ、豆腐、肉」

これらをふんだんに使った鍋を毎晩食べて満腹感と満足感を得る。

これこそが鍋ダイエットなのでありまして、それを軸に私は10kg以上痩せたのです。

 

飽きる飽きないではなく、食べられるということに感謝すべき!

これを説明すると必ず「飽きないの?」と聞かれるのですが、全然飽きません。

相撲部屋やプロレス道場では、毎日必ずちゃんこ鍋を食べてます。

 

「毎日食べてる人たちがいるんだったら、鍋は飽きないんじゃないのかなぁ」と思いまして。

やってみたら、やっぱり飽きなかった。というだけの話です。

 

 

ていうかね。

 

これからダイエットに挑もうとしている人に「食べながら痩せられる方法があるよ!」と、夢のような情報を教えてあげてるにも関わらず。

 

やりもしないうちから「飽きる」だの「えー?毎日鍋なの?」なんて言う人を見ると。

やっぱりダイエットって続かないんもんだなぁと改めて思います。

 

ワガママ言ってんじゃねーよ。

甘すぎ。

 

否定的な入り方をしているうちは、どの方法を選んでも続かないとは思いますしね。

 

そもそも鍋料理なんて、味さえ変えれば別物になりますから。

 

ポン酢をつける鍋、キムチ鍋、味噌鍋、塩味の鍋、しょうゆ味の鍋、カレー鍋、豆乳鍋、とんこつ鍋、鶏白湯鍋、辛い鍋、などなど。

今は鍋の素も種類豊富ですし、ネットを見ればレシピもたくさん出ていますから。

私も飽きるどころか「食べたことの無い味」の方が多いくらいで興味津々ですよ。

 

鍋ダイエットの強みは量をたくさん食べられるところ!

鍋とは言っても、果たしてどのくらい食べていいものか。

 

私は、完全にお腹いっぱいになるまで食べます。

 

だって、そのために鍋を食べてるんですから。
量を食べたいからヘルシーな物を食べる。

だったら、お腹パンパンになるまで食べなければ損です。

 

そうですね、、、
よくあるパターンですと。

 

もやし250g
木綿豆腐300g×1パック
えのき 1株
しめじ 1株
油揚げ 2枚
豚バラ 250g
つくね 8粒
ハイボール5杯

 

総重量1kg超。

これを仕事後、夜遅くに1人で食べます。
すごい量でしょ?

 

食べ終わった直後に体重計に乗ると3kg以上も増えてる事がありますから。
そりゃまあ、これだけ食べればね。

 

でも大丈夫。
これでも十分痩せられる。
不思議。

 

だから遠慮なく食べましょうね。
くれぐれも「1人鍋用の小さな鍋」なんか買わないで下さいよ。

私は5〜6人用の鍋を1人で使ってます。

 

鍋といえば締めが大きな楽しみ!締めは一体どうするの??

そしてお鍋と言えば、締めが大事。

ご飯を入れたり、うどんを入れたり、中華麺を入れたり。今はお蕎麦を入れるなんてお鍋もありますからね。

 

締めは鍋料理における大きな楽しみ。
私はやっぱり、白いごはんを入れて卵でとじる雑炊なんかが好きです。

もはや鍋料理本編よりもそっちの方が楽しみだったりして^^;

 

 

 

 

 

 

 

って、バカヤロー!

 

 

ダイエットしながら締めの炭水化物のことを考える奴がどこにいる!!

何をいっちょまえに締めようとしてるんだ!
ダイエット野郎の分際で締めようなんて15kg早い!!

 

とは言うものの、この「鍋料理からの締め」という習慣はなかなか抜けるものではありません。

 

今でこそ私は「鍋料理に締めは無し」という習慣が身に付いたものの、始めたばかりの頃は締めたくて締めたくて仕方ありませんでした。

なので、そんな締めたがりの貴方に良策を授けます。

鍋ダイエット時の「なんか食べ足りない」「もうちょい欲しいな」という時の締め。

 

 

それは、、、

 

 

 

締めのもやし!!

 

 

これです。

 

必ず余分に1袋多くのもやしを買っておいて下さい。
そして鍋が終盤に差し掛かって、締めたくなったら投入するのです。

 

恐らくお腹いっぱいになりますから。
というか、イヤになる。

そうしたらすみやかに「ごちそうさま」で食事終了です。残ったもやしは次の日にでも食べればいいです。

 

それこそが「秘技・締めもやし」でございます。

 

そんな鍋ダイエットですけど、ご理解頂けましたか?

というわけで、鍋ダイエット。
興味湧きました?
どうなんですかね。
胡散臭い感じですか??

飽きない鍋の食べ方とか、おすすめの鍋の素なんかも随時ご紹介させていただきますので。参考にしてみて下さい。

 

こちら、参考記事です↓

鍋好き野郎のオススメ鍋の素7選!

 

食べて痩せるには鍋が一番ですよ。

 

もちろん私は真夏でも食べてます。

 

それではでは、こぼりたつやでした。