【多磨駅 焼肉 居酒屋】多磨ホルモン 秘伝のタレの秘密

どうも。
焼肉ホルモンだいこんや、小堀です!

 

だいこんや、タレの話

当店には3種類のタレがあるのですね。
どれも自家製。

コプチャンなどに使う、味噌ダレ。
提供する前にお肉を揉み込む、醤油ダレ。
焼いた物を付けて食べるための、つけダレ。

 

どれも自分で「美味しい!」と胸を張って言える仕上がりです。

某超高級有名焼肉店に偵察に行った際も、

「タレはうちの方が美味い!」

と確信しました。
自画自賛の権化みたいになってますが、そのくらい自信アリです。

てか、飲食店をやってる限りは皆この気持ちだと思いますけど。

 

だいこんやを支える3つのタレ

まずは醤油ダレ。

これが当店の屋台骨を支えてくれてる凄い奴。
全てのタレの基本となります。

 

お醤油やら野菜やら。

 

色々混ぜて煮込んで出来上がり。

 

 

そして付けダレ。

こちらは上記の醤油ダレに色々加えて長時間寝かせて出来上がり。

 

つけダレに適した甘みや旨み、深みが加わりガラッと変わります。

 

 

最後に、味噌ダレ。

これが結構ややこしい。

まずはコチュジャンをベースに、色々混ぜた味噌Aを作ります。

 

この味噌Aはビビンバや辛口クッパでも使われる、当店を支えるエース味噌です。

 

そして味噌Bも作ります。

 

こいつは味噌Aとは違い、味噌ダレを生み出すためだけに存在する味噌。
味噌B単体で日の目を浴びることは無いですが、こいつ無しでは成り立ちません。
いわゆる、縁の下の力味噌。

 

その2つの味噌を合体させて、

 

 

混ぜて混ぜて混ぜまくって、

 

 

味噌Cにします。

 

ドラゴンボールで言うところのフュージョン。
味噌Cはゴテンクスみたいなもんです。

 

そうして生まれた味噌Cを、

 

 

前述の醤油ダレで溶きます。

 

 

混ぜて、、、

 

 

 

溶いて、、、

 

 

 

トロトロになったら、

 

 

 

出来上がり。

 

 

かわいいやつです。

 

 

 

ちなみに「味噌きゅうり」専用の味噌Dというのも存在します。

 

これはまた別の機会に紹介させて頂きますね。

 

おかげで味噌を練りまくってる毎日なのです。

 

私が言うのもおかしな話ですけども。
焼肉って、高いお金を払えば美味しいお肉が食べられるって当たり前ですからね。

 

だから出来るだけ安価で美味しいものを提供しつつ個性を出すとなると、タレというのは非常に大きなポイントとなってくるのです。

なのでこればかりは手を抜けません。
(他も手を抜いてはいけません)

 

そんな自家製のタレ。
是非とも注目してやって下さいね。

 

それではでは、だいこんやでした!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。