3000文字チャレンジ

『好きなチョコレート5選!でも一番好きなのはキットカット!』3000文字チャレンジ第6弾

どうもー。こぼりたつやでーす!

今回は3000文字チョコレートということでね。
何を喋ろうかなー?なんて呑気に考えてたわけですよ。

 

おせんべい食べながら。

 

おいおい!
そこはチョコレートじゃないのかーい!
みたいなーゲロゲローなんつってねー。

超ウケるんですけどー!!!

 

でね、ボクは決めましたよ。
今回のチョコレートで書くことを。

それはずばり!

 

好きなチョコレートについて!

 

きゃー!
シンプルー!
プルシンー!
プルシェンコー!
4回転トウループー!

 

ボクはね、キットカットが好きなんですよ。
チョコレートって色々ありますけど。
やっぱりキットカットになっちゃうんですよねー。

 

高田延彦「チョコレートの中のチョコレートたち、出て来いや!!」

 

なんつってさ、全世界のチョコたちが集まって大会をやるとするじゃない?

そしたらね大体同じメンバーが上位には来るんですよ。これはもう仕方ない。

やっぱり強いチョコは強いんです。

 

ちょこっと見てみます?
チョコレート最強決定戦。
どんなチョコが出場してるか。

参加者紹介いくよー。
上位常連の5人ね!

 

 

まず、こいつ!

 

 

【ハワイ代表 マカダミアナッツ】

まあ強いですよね。
ハワイ帰りの人のお土産で貰った時にね。
笑顔で「ありがとう〜」なんて言いながらも心の中では「はいはい出た出たまたこれね」なんて思うじゃないですか。

でも実際に家に帰って食べたら、ちょー美味い。

これこそが強さですよね。

期待どころか飽きの境地まで達していると見せかけておいての、やっぱり美味しい。

 

だから強い。

さすがはハワイアン。

 

 

次。

 

 

【高級代表 ゴディバのチョコ】

まずはお礼を言いたいですよね。

「よくぞこんな庶民の大会に参加してくれました!ありがとうございます!」って。

だってもうさ、ゴディバって響きが武器じゃないですか。

 

もし飲み会にゴディバが来るって聞いたらテンション上がるでしょ?

「えー、ヤバい!今度の飲み会ゴディバさん来るって!どうしよー!超好きなんだけど!幹事のハゲ丸が死ぬほど嫌いだから欠席にしてたけど、えー!それなら行こうかなー!場所どこだっけ?え?鳥貴族?鳥貴族にゴディバさん!?ヤバーい!ギャップ萌えー!」

ってなるでしょ?

 

もし旦那さんから電話が来てさ「飲んだ帰りなんだけど、今から部下のゴディバ連れて行くから」なんて言ったらさ。

「あらやだ!そんな突然言われても!ゴディバさんにお出しできるものなんて何もないわ!たくあんと切り干し大根くらいしか無いし、、、えー?どうしよう!?ちょっとタカシ、タカシー!?セブンイレブン行ってきてー!」

ってなるでしょ?

 

そのくらいの雰囲気を持ってるんですよね、ゴディバって。絶対に高そうなスーツ着てるだろうからハンガーも一番いいやつ用意するし。

 

だから強い。

さすがはゴディバ。

 

 

次。

 

 

【いちご代表 アポロ】

優勝候補筆頭なんですよ。毎回ね。

ただ、生まれた時代が悪かった。

キットカットがいなければ、恐らくこの世はアポロの天下になっていたと思うんです。

 

だって、マジでうめーもん。

 

あのサイズね。
小さくてさー。
箱細くてさー。
かわいいったらありゃしないわ。

そんで食べ終わった後の箱。

これ、どうしてます?

まさかそのまま捨ててませんよね?

しっかりと最後の最後まで堪能してこそのアポロですからね。

 

 

空箱には、鼻をねじ込みます。

そして思いっきり匂いを嗅ぐのです。

 

「クンカクンカ!はあーーーー!アポロの残り香、たまんねーなーーー!」って。

 

これをやらずに捨てるなんて、お金をドブに捨ててるのと一緒ですからね。

 

街を歩いてて、ちょっと派手目なおねーさんが向こうから歩いて来るとしますよね。

 

そうですねー。

 

バブル青田みたいな人。
青田典子ね。元CCガールズ。
藤森夕子とか懐かしいよねー。
なんなら藤森夕子でもいいです。

そんな女性がですよ。

ボディコン着てジャラジャラ何かつけて。
凶器になりそうなピンヒール履いて歩いていたら。

200m離れてまだ視界に入っていない状態でも、フェロモンで分かるじゃないですか。

 

「これは、、、来るな」

 

みたいな。
そしてやっぱり、小鳥が騒ぎ出す。

そんな人が歩いてくるとなったらさ。
絶対、すれ違いざまに匂い嗅ぐでしょ?
ラジオ体操第一終わりの深呼吸以上に吸うでしょ?
なんならカービィになりたい。

 

それをやらないのと同じですからね。
アポロの空き箱を捨てるってことは。
だからやって下さい。

玉置浩二さんからも言われてますので。
「うちの青田を吸ってやって下さい」って。

 

だから強い。

さすがはアポロ。

 

 

【グレーゾーン代表 たけのこの里】

毎回揉めるんですよ。

「お前はチョコじゃない!クッキーだ!」

って。

分かりますよー。
確かに難しいところなんですよ。

 

チョココーティングとはいえ、総面積は圧倒的にクッキー部分の方が多いですから。

クッキーなのかなー?と思いきや。

 

 

地球。

 

地球って、海だらけじゃないですか。
でも、陸じゃないですか結局は。

「あーあ、海に帰りてえな」

とかいう人ってほとんどいませんよね。

鬼のようにダサいサーファーの人とかは言ってそうですけど、それでも見栄じゃないですか。

陸で満足してるんですよね。
我々って。

 

だからそう考えると、たけのこの里もチョコなのかな?って。

で、最終的に決定権は王者にありますから。
大会関係者が聞きに行くんですね、毎回。

 

関係者「あのー、今回もですね。例のたけのこの里が来ちゃってまして。追い返そうとしても、なんかこう海とか地球とかわけのわからない事ばかりで話にならないんですよ。だからなんと言いますか、その辺りのキットカットさんの意思を頂戴致したくですね・・・」

 

キット「うーん、どう思う?」

 

カット「僕はどっちでもいいよー。紗英は?」

 

一色紗英「私はいいわよ!ね?エミリ!」

 

中山エミリ「ハブアキットカット!」

 

ってな感じで毎回出場はするんですけどね。
なーんか納得がいかない。

 

美味いんです。
めちゃくちゃ美味いんですけど。

だって、先日行われたクッキー選手権。
そっちも出てたらしいですからね。
たけのこの里。

いや、じゃあせめてどっちかは『きのこの山』を出してやれよ。とも思うんですけど。

それはそれで、、、ね。

まあ、たけのこの里の気持ちは分かるかな。

きのこの山、負けるもん。

 

この辺の強メンタルが持ち味。

 

だから強い。

さすがはたけのこ。

 

 

では最後に、真打ち登場!

【絶対王者 キットカット】

これはね、『結局論』なんですよ。

チョコレート界も生き残り競争が大変なわけですから。

新商品、期間限定、高級ブランドといった品々が星の数ほど生まれてくるわけです。

チョコ好きとしては目移りもしますし、浮気もするわけですよ。

さすがに『キットカット最強説』を唱え続けるボクですら、色んな種類を食べますしね。

 

でも、だからこそのキットカット。

結局、キットカット。

巡り巡って戻る場所。

 

それこそが、キットでありカットであるのです。

 

パキッて割るじゃないですか。

左手の方がキットだと思うでしょ?

 

逆ですからね。

 

右手がキットで、左手がカットです。
これ結構間違って覚えてる人多いんですよねー。

 

行きつけのバーでさ、初めましての女性がカウンターに座ってるとね。必ずやるんですよ。

 

ポケットから取り出してね。

パキッ。

そして、

 

 

「どっちがキットだか、分かりますか?」って。

 

 

まあ無視されますよねー。

それもすっごい無視。

「あれ?俺、今いる?ここにいる?」って自分でも分からなくなるくらいの無視。

 

でもさ、俺も慣れてるわけ。
これ基本無視率100%だからさ。
全然心が折れないの。

 

だからずーっと持って立ってる。

 

右手にキットを、左手にカットを、そして心に花束を。

 

そんで一応さ、聞こえてないパターンもあると思って。
5分おきくらいに言うのよ。

 

「どっちがキットだか、分かりますか?」って。

 

もちろんあれね。
まるで初めて言ったかのような空気で言うから。

絶対聞こえてるのに。

 

そんで40分くらいかなー?
そんなにいかないかな?
30分?とかそのくらい?

 

キットがさ、、、溶けてくるのよー。
俺、右手の方が温かいらしくて。
いっっっつも、キットから溶ける。

でもね、実はこれを待ってたの。

 

キットが溶け始めると必ず、

「ふふ、負けたわ。そんな風にキットを溶かされたんじゃ、無視し続けるわけにもいかないわよね。私の負け。いいわ、隣に座って」

こうなるわけなんですな。

女性はキットが溶けていくのを黙って見過ごせないみたいです。

それを利用するというわけ。

 

だから強い。

これこそ最強。

さすがはキットカット。

 

 

と、こんな感じでね。
チョコレート最強決定戦は行われるわけなんです。

 

必ず最終選考はこの5人。

・マカダミアナッツ
・ゴディバのチョコ
・アポロ
・たけのこの里
・キットカット

どれも強いんですけどね。

 

結局は、、、

 

キットカットの優勝!

 

キャノン砲ずばーん!
銀テープひらひらひらー!

リングの中央で抱き合うキットとカット。
それを見つめる一色紗英と中山エミリ。

 

こんな感じで幕を閉じるわけ。

 

みんなもそうでしょう??

 

というわけで、キットカットが一番!

 

それでは今回はこの辺で!
またお会いしましょうー!