接客業も最初は上手くできなくて当たり前!悩んでないで楽しもう!

どうも。
接客業歴20年ブロガー、こぼりたつやです。

 

前回は「接客業の向き不向き」について書きまして、

 

接客業に向いてない??いえいえ、誰にでも出来るのが接客業ですよ

 

「接客業に向き不向きなんて無い!」と書きましたが。

 

それでもまだ、自信が持ててない方。
いらっしゃるでしょうね。

結論から言えば「だいじょぶだいじょぶ!そのうち上手くなるって!」しか無いのですけど。

それでも悩める方はいらっしゃるでしょうから。
少しでも前向きになって頂けるような事を書きますね。

 

接客初日からは声を出せるのは逸材

確かに接客って、元々の性格によるアドバンテージは大きいです。

 

例えば、

・照れずにいきなり「いらっしゃいませー!」と大きな声が出せている。

・お客さんと上手に楽しそうに喋れる。

・ニコニコと笑顔で接客が出来ている。

これらを初めての接客業で全て出来てしまう人。

確かにいます。

 

こんなのが同期や後輩にいたら焦るでしょうし。
採用している側も「これは逸材!」と思います。

でも、そんな逸材は稀です。
どの世界にもいるんですよねー。
そういう風にいきなり出来てしまう人。

ホント、勘弁して欲しいものです。

 

いきなり接客なんて出来なくて当たり前

その点、私なんかね。
輪をかけてなーんにも出来なかった。

恐らく今これを、接客に悩みながら読んでる人よりひどかった自信がある。

 

声は出ない。

「いらっしゃいませ」は言えない。

人見知りだったのでお客さんどころかスタッフとすらロクに喋れない。

商品知識は無い。

何がどこに置いてあるのかも分からない。

笑顔どころか、普通の顔をしてるだけなのに「ふてくされてないでもっと楽しそうな顔をしろ」と言われる。

 

でも20年。
なんとかなるのです(にしても酷いな)

 

接客業だからって、いきなり全部が出来なければいけない!なんてことは絶対にありません。

他の仕事と同じように、最初は何も出来ないのが当たり前なのです。

「人と話す」という日常の基礎動作が主になる仕事だから『出来なければいけない!』と錯覚するだけで。

 

接客って、そんな甘いもんではないですから。

 

20年やってたって難しい。
入ったばっかの新人に何が出来るって話です。

 

自分なりの接客、自分のために接客

そろそろまとめますね。

接客業、めちゃくちゃ面白いですよ!

これだけは言い切れます。

 

だからって別に「みんなも接客業やろうぜ!」と大々的に言うつもりはありませんが。

でもせっかく接客業に就いた人を、簡単に諦めさせてしまうのは心苦しい。

特に、縁があってこの記事を読んで貰えている人ならなおさら。

 

大丈夫っす。

 

悩まなくていいです。
焦らなくていいです。

 

接客は、やればやるほど絶対に進化します。

進化すればするほど楽しくなります。

楽しめば楽しむだけ結果が出ます。

 

あとよく言うやつ。
接客業だからといって、

「お客さまのため!」

なんて気持ちはいらないです。

 

100%自分の給料のために働いて下さい。

接客業も仕事です。
仕事は自分のために働くことが一番成長しますし、それが結果的にお客様のために繋がりますから。

自分のために接客して下さい。

老若男女、誰でも出来るのが接客業。
資格がなくても出来るのが接客業。
だからこそ十人十色。

 

色んな接客の形があっていい。
店長や先輩に何を言われようとも、お客さんが喜んでくれればそれが正解。

 

諦める前に、自分なりの道を進んでみましょうよ。

ちなみに、私もなんだかんだで20年接客業やってますけど。

向いてるかどうかなんて、未だに分かりません。

好きかどうかも分からない。

ただただ、お金のためにやってます。
断言します。
お金がもらえるから楽しい。

このブログ、お客さんも読んでるけど(笑)

 

でも、そういうことです。

 

お金のために一生懸命仕事(接客)をする。
その一生懸命がお客さんのために繋がる。
そしてお客さんからお金をいただく。

 

これは当たり前のこと。
お互いがんばりましょ。

焦らない焦らない。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

まだ悩んでたら、これも読んでみて。   

接客業なのに笑顔が苦手?それなら超簡単な笑顔のコツを教えます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。