グルメ

【吉祥寺 居酒屋 天壺】何を食べても超美味しい博多串焼きのお店!

どうも。
食べるの大好きブロガー、こぼりたつやです。

友人からの「いいお店を見つけた!!」のタレコミで吉祥寺へGO!

ここ最近【良さげなお店はすぐに行く】ということが実践出来ていて充実してます。「行ってみたいなぁ」と思っているならすぐに行け。これ大事。

 

吉祥寺駅北口 繁華街から離れたとこ

吉祥寺の北口を出て、線路沿いをずっと東へ歩きます。

グルメサイトの地図を頼りに「あれ?」「そろそろかな?」「まだかな?」「もしかして通り過ぎちゃった?」と、何度も不安になりながら歩くこと5分ほど。

超簡単ピンポイント地図

到着しました!

 

『天壺』さん。

読み方は『あまつぼ』さんです。
雰囲気ありまくり。

 

博多串焼きの文字!!

博多好きの私と妻。
否応無しに期待が高まります。

 

店内。

4人で予約してくれていたため、奥のテーブル席。

隣の小さなテーブルと合わせても7人が限度。あとはカウンターが10席くらいかな?

こじんまりとしたお店ですが、圧迫感もなく快適でした。

 

美味しい料理で感情爆発!

と、クソ面白くないありきたりな飲食店レポはこの辺にしておきまして。

 

ここからは感情を爆発させます。
一気に行きますよ。

 

 

あのね。

 

 

めっちゃくちゃ美味かったー!!!!
マジで!なに食べても美味い!

連れて来てもらってなんですけど。

紹介してくれた友人に嫉妬すら覚えました。
9歳上なんですけど、ムカつきました!
それくらい美味しかった!!

 

嫉妬するほど美味いってなんなんですか?

 

普通「教えてくれてありがとう」なのに。
今回は「ちくしょー!こんな良い店を知ってやがったのか!」です。

 

そんな感情あります??
私は初めてですよ。

 

これが博多の店ならいいんです。
「やっぱ福岡は最高ばい!」
なんて言って笑って終われるのですが。

東京、しかも吉祥寺。

 

謎の悔しさです。
悔しいけど美味かった!
「どう?」みたいな良い顔してたなー。

 

「博多串焼き」と謳われてる通り。
お通しは例のキャベツ盛り。

もちろん、あの味。

 

博多の串焼きの代表格の豚バラ。

 

レア焼きトロトロ鶏レバー。

 

左の白いのから、ササミ・ふりそで・ふりそで・ふりそで、ハツ元。

良い塩加減で美味かったー。

 

中でも、ふりそで!

手羽元と胸肉の間の部位ですね。
希少部位で、本日のおすすめメニューにあったんですけど。

これがねえ、焼き方がヤバいんです!
表面の皮の部分を少しだけ焦がして。

 

パリッ、

 

パリッ。

 

感動でした。

 

まだまだあるよ!天壷さんメニュー!

この豆。

メニューの名前忘れちゃいましたけど、枝豆の中身です。美味かったなー。

 

冷奴。

オリーブオイルと塩コショウ、どっさり山盛り万能ネギ。サッパリ、美味かったなー。

 

ポテトサラダ。

マヨネーズよりも塩コショウ。いわゆるお酒に合うポテトサラダで。おこがましいですが、私が作るポテサラと方向性が同じ。自信になりました。美味かったなー。

 

納豆とお肉を混ぜたものをレタスで巻くやつ。
(メニュー名は多分違います)

これです。マジで天才のやつです。ミンチ肉なのかな?いや、もうちょい粗めだった気がする。納豆の中にお肉を混ぜてるんです。恐らく豚。それをスプーンですくって、レタスで巻いてガブリ。

 

なんていうのかな。。。

 

控えめに表現して。

 

 

一生食べ続けていたい。

 

美味かったー!!!
天才!天才!

「天才で賞」を差し上げたい!

 

塩辛。

私、基本的に塩辛は得意じゃないんです。

でももうね。

私と天壺さんには、揺らぎない信頼関係が出来上がってますから(一方的に)

食べる気満々。その時!

 

店員さんから「しょっぱいですよ」との声。

 

あー、もう。
どれだけ惚れさせれば気がすむの??

その「しょっぱい」という飲食店においてのマイナスワードを自分から言っちゃう感じね。

 

信頼度、さらに倍。

 

いただきます。

 

パクり。

 

うほほーーーー!!!!!

しょっぺー!!!

でも美味いー!!!
これはヤバいー!!

私と友人のおっさんペアは「酒が止まらなくなる!」と叫び、妻と女友達のお姉さんペアは「ごはん欲しくなる!」と叫んでました。

 

どちらも最大級の賛辞。

挙げ句の果てには「これで血圧上がって死ぬなら本望だ」くらいのことを言ってましたね。

ラオウみたいに塩辛を握った拳を突き上げて死んでやりますよ。

 

 

天壷さん、本当のオススメ

ここまでで1932文字。
普通ならもう締めに入るところですが。
今回はまだまだ。

 

一番おすすめしたい、逸品が2つあるのです。

 

【一番】おすすめしたい、【逸品】が【2つ】あるだなんて。非常にややこしい表記ですが。そんな細かいことはどうでもいいくらいおすすめ。

 

まずはこいつ!

アグー豚のハンバーグ!!

 

こう見えても今年の私。
「趣味はハンバーグです」と言い切れるくらい色々なお店で食べ歩いてますから。

さすがの天壺さんと言えども、容赦しませんよ。

 

いただきます。

 

パクり。

 

 

参りましたっ!!!(秒殺)

美味すぎます!!!
うまーーーーーーーい!

 

あのね、天壺さんの特徴。
どの料理も後追いがいらない!

要は醤油かけたり、七味かけたり、柚子胡椒付けたり。そんな必要が無いんですよ。

テーブルにはお醤油がありました。
串焼きには柚子胡椒が添えられてます。
でも必要無かった。

 

それで美味いんです。
それが美味いんです。

 

私のハンバーグ記事にも常々書いてますが。
ハンバーグは出来ればプレーンで食べたい。
もちろんソースも美味しいし、大きな売りの一つなのも分かるけど。

ハンバーグ自体の味も楽しませて欲しい。

 

そんな私ですから。
感動するに決まってます。

豚肉の脂と甘みを活かした味付け。
決して物足りなくない、本当に美味しいハンバーグでした。
次は石垣牛のハンバーグに行きます。

そして、いよいよ最後。
私の一番のオススメ。

 

豚足。

 

この豚足が東京で食べられた〜。
妻と私は感涙ものでした。

福岡にいる従姉妹に、博多で連れて行ってもらったお店。従姉妹は躊躇無く豚足を頼みました。

正直、私と妻は「え?豚足??」と困惑。
得意じゃないんですよね。
炊いた豚足にかぶりつくのが。
もちろん見た目も。

それを20代の女性が頼むんですから。
「余程好きなんだなぁ」なんて思っていたら。

 

全く想像していた豚足とは違ったのですね。

 

「え?なにこれ??」

「豚足やん」

「いやいや、初めて見たけど?」

「???」

 

福岡と東京の豚足認識がまるで違ったんです。
そしてこれが本当に本当に美味しくて。

 

「あの豚足食べたいけど、福岡行かなきゃ食べられないよなー」

 

と、1年間思い続けてる状態での再会ですから。
そりゃ感動ですよ。

 

え??

どんな豚足かって??

 

それは内緒です。

 

是非とも天壺さんか福岡に行かれて、ご自分の目で確認してみて下さい。

 

美味しいお店は明日への活力!

 

焼酎も種類豊富で。

 

この量です。

しかも最初の一杯を注文すると、注文したものと似た感じの別のものを持って来てくださって。

 

「よかったら試飲して比べてみて下さい」

 

ですって、奥さん。
あら親切。

 

さんざん飲み食いして、4人で19000円台だったかな?確か。5000円ずつでお釣りが来る感じ。

俗に言う、安過ぎる5000円です。
本当に本当に大満足でした。

帰り道、何度も何度も「また行こう!」と余韻に浸ってました。

 

営業時間 17:30~00:00 L.O 23:30
定休日 水曜

天壺さん。
ごちそうさまでした!!

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

 

吉祥寺ならこちらもおすすめ!

あわせて読みたい
【吉祥寺 鹿児島料理 バーオハナ】ほっこり&スーパーデリシャス!どうも。 九州大好きブロガー、こぼりたつやです。 吉祥寺の鹿児島料理 何かにつけて九州が好きだぁ!と言ってる私。 そして...