【高知 赤のれん】ホッとする居酒屋さん。カツオもいいけど餃子もね。

どうも。
普通の居酒屋さん大好きブロガー、こぼりたつやです。

 

普通とは??

「普通の居酒屋」という表現。
伝わりますかねー。

完全なる褒め言葉ですよ。

 

安定感と安心感の塊。
普通という言葉の中には宇宙が広がる。

これを頼もうかな?いや、あっちも食べたい!
見慣れたメニューなのに決して飽きない。

いつでもどこでも温かく迎え入れてくれる居酒屋さん。
それこそが「普通の居酒屋」なのであります。

 

木久蔵師匠もご来店!

ひろめ市場でカツオのたたきを食べた後に、街を歩いていると。

関連記事>>>【高知 ひろめ市場】県内最大の飲食観光地で絶品カツオの塩タタキ!

やっぱりどうしても目に入るのは「カツオのたたき」の文字。

土地柄仕方ないのですが、痛風持ちの私はもうすでにプリン体臨界点に達してしまっていますので。

もうこれ以上は食べられない。

もちろん他のメニューを食べればいいだけの話なのですが。

カツオ推しのお店でそれをするのもなんか悔しいじゃないですか。

本当はもっと食べたいのに。

 

そんな時に発見しました。

 

赤のれんさん(本店は2F)。

もちろんカツオもあるのでしょうが、そんなに推してない。
これは、、、良い感じっぽいぞ!
というわけでお世話になることに。

 

お座敷に通してもらって、メニューを見ます。

 

やった!
これは当たりだ!!

 

これぞ普通の居酒屋さん。
至極のラインナップがずらり。
素敵です。

 

そして発見!

 

木久蔵師匠サイン色紙。
おー。
20年くらい前。
木久扇さんになる前だ。

いいですね。

木久蔵さんが美味しいと言うのですから間違いないでしょう。
笑点メンバーには茶々入れられそうですが。

 

赤のれん餃子、うまーい!

二軒目ということもあり、厳選して注文します。

 

牛すじ(木久蔵師匠お墨付き)

 

ニラ玉

 

餃子

 

ポテトサラダ

 

どれも素晴らしかったです。
なんかもうホッとしますね。

木久蔵師匠オススメの牛スジ、最高でした!

 

そして私としては餃子を推したいですね。

小ぶりな餃子を噛んだ瞬間、旨味が一気に口の中に広がるのですが。

これが本当に美味しかった。

 

どれも普通の居酒屋のよく見かけるメニューですが、全てにおいてハイクオリティー。

通いたくなる店とは、こういうお店のことを言うのでしょう。

慣れ親しんだ味と雰囲気に癒された、高知の夜でございました。大満足。

 

赤のれん本店さん、ごちそうさまでした。

 

それではでは、こぼりたつやでした。

 

もちろんこちらも。

関連記事>>>【高知 ひろめ市場】県内最大の飲食観光地で絶品カツオの塩タタキ!